ペットくすり推薦!お得な猫用医薬品について

ペットくすりでの猫の病気の治療について

ペットくすりでは猫のかかりやすい病気に関しての様々な治療薬を取り扱っています。
猫も人間と同じで様々な病気にかかかります。
人間でもよく見られる風邪や下痢、皮膚病といった病気は猫にも多く認められる病気です。

病気の中には分かりやすい症状のものあり、病院に行く前に飼い主さんが気づいてあげられるものもあります。
猫ちゃんにどのような病気があって、どのような症状になるのかを知っておくことで病気の早期発見につながります。

今回の記事では猫ちゃんがかかりやすい主な病気や症状、そしてその治療方法・治療薬についての情報をまとめてみました。
あなたも猫ちゃんがかかりやすい病気や症状を理解して、猫ちゃんの病気予防、健康維持を保ってください。

上部気道感染症(猫カリシウイルス感染症群、猫ウイルス性鼻気管炎)

上部気道感染症(猫カリシウイルス感染症群、猫ウイルス性鼻気管炎)

上部気道感染症は猫ちゃんに多く見られる疾患。
人間の風邪に似た症状であることから、猫カゼと呼ばれる。
感染の90%以上が猫カリシウイルスと猫ヘルペスウイルスが原因とされている。
ウイルスに感染することで発症し、感染力も強い。猫ヘルペスウイルスは、一度感染すると、リンパ節に潜在し、免疫力の低下などで再発する場合もある。
猫ヘルペスウイルスの感染では角結膜炎など目の症状や鼻水など強くあらわれ、カリシウイルスでは口内炎となりよだれや食欲低下が強くあらわれることが多い。
症状として気づきやすいのは「くしゃみ」、「鼻水」、「目やに」「涙目」「口内炎」「結膜炎」など。

■上部気道感染症の治療法・治療薬

猫の上部気道感染症に対する治療にはウイルスに対する治療と並行して、二次感染による症状の悪化を予防するために抗生剤を併用する場合が多いです。
ペットくすりのお薬では、アジーがお勧めです。
ただし、下痢などの副作用があるため獣医師に相談してからの投与をおすすめします。
また、抗ウイルス薬の使用も効果があると考えられています。
抗ウイルス薬としてはゾビラックスゾビラックスジェネリックがあります。

アジー

アジー100mg

多くの犬・猫が感染するマイコプラズマやクラミジアに対しても効果がある「ジスロマック」のジェネリック薬品です。
本剤の先発薬はファイザー製薬が製造しているジスロマック。ジェネリックのアジーは先発薬と同様の効果を得られます。

ゾビラックス

ゾビラックス

猫ウイルス性鼻気管炎の治療に使用されます。ヘルペスウィルスの増殖を抑えるための抗ウィルス剤です。
単純ヘルペス、帯状疱疹等のヘルペスに効果があります。アシクロビルという成分はウィルスの少ない初期の発症時に服用するとより効果的です。

ゾビラックスジェネリック

ゾビラックスジェネリック

ゾビラックスジェネリック(アクティバ)は、猫風邪と呼ばれる猫ヘルペスウイルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎の治療に使用されます。
ゾビラックスジェネリック(アクティバ)はヘルペスウィルスの増殖を抑えるための抗ウィルス剤です。単純ヘルペス、帯状疱疹等のヘルペスに効果があります。
アシクロビルという成分はウィルスの少ない初期の発症時に服用するとより効果的です。

皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症

皮膚の常在菌である糸状菌(カビの一種)が、温度・湿度の上昇や不衛生な状態、免疫力の低下などが原因となって繁殖して皮膚病を引き起こす。
ブラックライト(UVライト)で脱毛部位を照らすと蛍光グルーン色に光る。頭部と四肢に起こることが多い。
人間にも感染するため、「人獣共通感染症」と呼ばれる。
症状としては顔のまわり、耳、手や足などに赤みのある発疹を伴った円形の脱毛が起きたり、その周りにふけやかさぶたがみられる。
まれに皮膚の下(皮下)に硬いしこりとなる場合がある。

■皮膚糸状菌症の治療法・治療薬

皮膚糸状菌(真菌)症は抗真菌剤の内服や抗真菌剤を含む外用薬、抗真菌剤を含むシャンプーなどで治療します。
治療を行う際は病変部付近の毛を刈って病変部の拡大を防ぎ、治療をしやすくします。
症状が局所的であれば、症状がある場所に塗り薬を塗布していただくだけで十分です。
ペットくすりで取り扱いの、抗真菌薬が配合されている塗り薬には、ニゾラルケトコナゾールクリームがあります。

ニゾラール2パーセントクリーム

ニゾラール2パーセントクリーム

愛犬や愛猫に多く見られる皮膚真菌(カビ)症に効果のある外用薬で、皮膚に直接塗ることができる抗真菌薬入りクリームです。
皮膚に直接塗って、自宅でも簡単にペットの治療ができます。アトピー性皮膚炎の犬に多いマラセチア性外耳炎にも効果があります。

ケトコナゾールクリーム

ケトコナゾールクリーム

犬猫の幅広い感染症に効果のある抗真菌軟膏です。
ニゾラール2パーセントクリームのジェネリックで、ブラストミセス症やヒストプラズマ症、イースト感染、皮膚糸状菌、マラセチアに作用します。

細菌性腸炎

細菌性腸炎

下痢や食欲不振を主訴とする胃腸疾患の一つとして、細菌が原因となる細菌性腸炎、寄生虫が原因となる寄生虫性腸炎がある。
細菌性腸炎の原因菌として代表的なものに「クロストリジウム」と「カンピロバクター」がある。
腸炎にかかった動物の主な症状は下痢。 軟便から始まり、泥状の形になり、最終的に水様便となる。
重症化すると鮮血が混ざった血様便になり、下痢が長期化すると脱水、食欲不振といった症状に進行し、命の危険もあるのでご注意を。

■細菌性腸炎の治療法・治療薬

クロストリジウム性腸炎に対して推奨される抗菌薬は以下の通りです。
「タイロシン」、「メトロニダゾール」、「アモキシシリン」。
このうち、ペットくすりで購入できるおすすめのお薬はフラジールメトロジールです。
両お薬共にメトロニダゾールという成分が含まれています。
カンピロバクターには「エリスロマイシン」、「タイロシン」、「エンフロキサシン」が使用されます。

フラジール

フラジール

子犬や子猫に多い下痢の原因となるジアルジアやトリコモナス原虫の駆除が可能です。
抗菌性と抗炎症作用があり、猫の炎症性腸炎にも使用可能です。
人に使用されているお薬ですが犬や猫にも使用可能です。

メトロジール

メトロジール

フラジールのジェネリック商品なので、同成分なのにお手頃価格!ジアルジア症など、寄生虫の駆除する抗生物質です。
バクテリア感染の治療と予防にも用いられます。成分のメトロニダゾールは細菌および原虫のDNA合成を阻害します。

慢性腎臓病

慢性腎臓病

慢性腎臓病とは、腎臓の機能低下が3か月以上持続してみられるか、もしくはGFR(糸球体濾過量)の50%以上の障害が確認された状況。
腎臓の組織が徐々に壊れて働きが悪くなり、血中の老廃物を排出できなくなる病気である。
とくに高齢になると猫はかかりやすくなる傾向があり、慢性腎臓病になると、たくさんオシッコをするようになる。
腎臓の機能は一度低下すると元には戻らないため、慢性腎臓病は生涯の治療が必要となる。
症状は尿の希釈と尿量の増加がみられ、末期には腎臓がその機能を失い尿量の著しい低下や無尿になることがある。
最終的には重度の尿毒症の状態に陥り死に至る。

■慢性腎臓病の治療法・治療薬

一度失われてしまった腎機能は元には戻りません。今ある腎機能を温存するために治療を行います。療法食や点滴などの内科療法が主となります。
主な治療方法は以下の通りです。

  • 食事療法
  • 皮下もしくは静脈点滴
  • リン吸着剤
  • アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE1)

このうちの、アンギオテンシン変換酵素阻害薬は、血管を拡張させる作用があります。
この作用によって、腎臓からの血液の流れが改善され、血圧が下がり、慢性腎臓病による症状を軽減させます。
アンギオテンシン変換酵素阻害薬はペットくすりで購入することが可能で、フォルテコールというお薬です。

フォルテコール

フォルテコール2.5mg28錠

愛犬の慢性心不全による高血圧を緩和し、愛猫の慢性腎臓病に伴うタンパク尿の軽減にも効果があるACE阻害剤です。
本剤の有効成分はベナゼプリル塩酸塩2.5mgです。ベナゼプリル塩酸塩はアンギオテンシンIというホルモンをアンギオテンシンIIに変える酵素ACEを阻害して血管を拡張させます。

歯肉口内炎

歯肉口内炎

猫の歯肉口内炎は歯肉と口腔粘膜の炎症性疾患。歯茎や舌などが炎症を起こす。高齢の猫やほかの病気にかかって体の弱った猫でよく見られる。
歯肉や舌、口腔内の粘膜が赤く腫れたり、ただれたりといった症状を起こす。
歯垢や歯石を放置しておくことも口内炎の原因になるので、日ごろから口の中をチェックできるようにしおくと予防につながる。
ウイルス疾患や糖尿病、腎臓病などの全身疾患が原因となっておこるタイプと歯周病から歯肉炎となり、結果として口内炎になるタイプがある。
歯肉炎の症状は様々で口臭、よだれ、痛み、歯肉の赤みなど。ひどい痛みを伴うことがあるため、食欲不振を引き起こす。

■歯肉口内炎の治療法・治療薬

猫の歯肉口内炎に対する治療は「内科療法」と「外科療法」に分かれます。
内科療法として、抗菌薬、免疫抑制薬、消炎鎮痛薬、ステロイド薬などのお薬が使用されます。
この中で最も効果が認められると言われているのが「ステロイド薬」です。
ただし、投薬をやめると症状が悪化することが多いので、継続的な投薬が必要となります。
ペットくすりで取り扱いのステロイド薬にはワイゾロンなどがあります。
また、歯肉炎による細菌増殖を防ぐ目的で抗生物質も使用されます。
抗生物質としては、アジートキソモックスがおすすめです。
外科療法は麻酔をかけて歯石除去の処置を行います。ぐらついた歯は抜歯を行います。

ワイゾロン(プレドニゾロン)

ワイゾロン(プレドニゾロン)

人の喘息やアレルギーなどの治療で使われるステロイド剤(プレドニゾロン)で、愛犬や愛猫のノミアレルギーや炎症をともなう病気にも使用できます。
犬や猫で非常に多く見られるノミアレルギーや痒みを伴うアトピー性皮膚炎にも使用できます。抗生物質と併用することで感染症から起こる皮膚の炎症を抑えることが可能です。

アジー

アジー100mg

多くの犬・猫が感染するマイコプラズマやクラミジアに対しても効果がある「ジスロマック」のジェネリック薬品です。
本剤の先発薬はファイザー製薬が製造しているジスロマック。ジェネリックのアジーは先発薬と同様の効果を得られます。

トキソモックス(TOXO-MOX)

トキソモックス(TOXO-MOX)

toxo-moxは幅広い細菌に対して効果がある抗菌剤です。
アモキシシリンはペニシリン系の抗菌剤で、細菌の細胞壁の合成を抑えることで抗菌効果を示します。クラブラン酸カリウムは細菌が作るアモキシシリンを分解する酵素を阻害することでアモキシシリンの効果を助けます。
細菌感染が原因となる犬や猫の皮膚病や尿路感染症、呼吸器系感染症、腸炎に!

急性膀胱炎

急性膀胱炎

おもに細菌に感染して膀胱が炎症を起こす。尿がにごる、尿に血が混じるなどの症状のほかトイレに何度も入るといった行動の変化も現れる。
「大腸菌」や「ブドウ球菌」の感染が多くの場合認められる。 細菌の他に真菌(カビ)などによって引き起こされる場合もある。
残尿感から何度もトイレに出入りする。尿の色が濁る、血が混じる、臭いが強くなるなどの症状が見られる。
重症化すると、食欲不振や嘔吐も認められる。 更には、膀胱の細菌が腎臓に逆流し、腎臓に炎症を引き起こす場合がある。

■急性膀胱炎の治療法・治療薬

尿検査を行い、尿中の赤血球、白血球、細菌、炎症によって脱落した細胞などを確認して、その症状に応じて抗生剤、止血剤、抗炎症剤などが処方されます。
しかし、症状が急激で原因菌の特定を待てない場合は、広い抗菌範囲を持つ抗生物質をまず使用します。
第一選択として、「アモキシシリン」や「アモキシシリンクラブラン酸」、「ニューキノロン系」の抗生物質が使用されることが多いです。
ペットくすりで購入できる薬では、トキソモックスバイロシンがあります。

トキソモックス(TOXO-MOX)

トキソモックス(TOXO-MOX)

toxo-moxは幅広い細菌に対して効果がある抗菌剤です。
アモキシシリンはペニシリン系の抗菌剤で、細菌の細胞壁の合成を抑えることで抗菌効果を示します。クラブラン酸カリウムは細菌が作るアモキシシリンを分解する酵素を阻害することでアモキシシリンの効果を助けます。
細菌感染が原因となる犬や猫の皮膚病や尿路感染症、呼吸器系感染症、腸炎に!

バイロシン(バイトリル)

バイロシン(バイトリル)

犬・猫の多くに見られる細菌性膀胱炎や細菌性皮膚炎などに効果がある抗菌剤です。
非常に幅広い細菌に効果を示し、忙しい飼い主さんも1日1回の投与で楽に治療ができます。
本剤は日本で製薬会社バイエルから発売されているバイトリルの海外版製品です。

結膜炎

結膜炎

猫の結膜炎は「猫ヘルペスウイルス1型」が原因となって発症する。 ヘルペスウイルスは結膜、角膜、鼻道、気管などの上皮に感染する。
「接触感染」もしくは「飛沫感染」で伝播し、新生児猫に感染することが多い。
猫ヘルペスウイルスに感染すると角膜や結膜に炎症が生じ、炎症が進行すると潰瘍が出来る。
潰瘍化した結膜もしくは角膜が接触することで眼球の癒着が引き起こされる。
眼球が癒着すると自力で目を開けることが困難になり、悪化すると視力に影響がある。
また鼻道や気管などの「上部気道」にも猫ヘルペスウイルスが感染するので、鼻水やくしゃみといった症状も引き起こされる。

■結膜炎の治療法・治療薬

また結膜炎の治療には「抗ウイルス薬」が主として使用されます。
ペットくすりで購入できるお薬はゾビラックスなどです。
また、潰瘍による感染を防ぐために抗生物質の点眼薬も使用されます。
テラマイシンの眼軟膏なども効果があります。 治療期間は長くなることが多く、1ヶ月程度かかるケースが多いです。

ゾビラックス

ゾビラックス

猫ウイルス性鼻気管炎の治療に使用されます。ヘルペスウィルスの増殖を抑えるための抗ウィルス剤です。
単純ヘルペス、帯状疱疹等のヘルペスに効果があります。アシクロビルという成分はウィルスの少ない初期の発症時に服用するとより効果的です。

テラマイシン

テラマイシン

広い範囲の病原菌による目の病気に対応できる、2種類の抗生物質が入った眼軟膏。緑膿菌にも効果があるため、これ一本あれば安心。
目の症状に応じて、投与する回数や期間が異なりますが、1日2〜 4回程度を目安に塗布します。
本剤は、二次感染の予防と直接の原因である細菌の繁殖を抑える目的で投与することができます。

白内障

白内障

目の「水晶体」と呼ばれる部位が混濁し透明性が低下した状態を白内障と言う。外観的に目が白濁してくる。
発生原因として、先天性、遺伝性、代謝性、外傷性、薬物性、二次性、老化性などがある。
白内障に罹患すると視覚障害が生じ、視覚障害がある猫は行動範囲が狭くなったり壁や家具にぶつかったり、ふらふらと歩くようになったりする。
白内障が進行すると、視覚を喪失する。

■結白内障の治療法・治療薬

白内障の治療は内科治療及び、外科治療があります。 ここでは、内科治療について説明します。
二次性白内障の場合は原因疾患を治療するための内科療法が行われます。
原発性白内障であれば、その進行を予防する点眼薬が使用される場合があります。
予防の点眼薬の効果は動物では定かではありません。
ペットくすりで購入可能な点眼薬はシーナックキャンCなどです。

犬猫の白内障にはペットくすりのシーナックで!
犬や猫も白内障になるの?ペットの白内障ってどんな病気?ワンちゃんや猫ちゃんの白内障に悩んでいる飼い主さん必見!ペットくすりで通販されているシーナックは白内障にどのように効果があるのかを解説します。

シーナック (白内障治療の目薬)

シーナック (白内障治療の目薬)

シーナックは犬猫の白内障を治療・進行を遅らせる点眼薬です。ドライアイ、軽度の炎症などの症状も改善します。風や太陽などの外界からの強い刺激から目を保護します。
シーナックは、白内障治療薬キャンCのジェネリック薬品です。同成分で効果が全く同じジェネリックだから、値段もリーズナブルです!

キャンC(白内障治療薬)

キャンC(白内障治療薬)

キャンCは人間の白内障治療点眼薬として世界中で使われていますが、嬉しいことに犬や猫にも効果があります。
人間のような手術が簡単にできないペットでも、ストレスが少ないキャンCを点眼すれば白内障の進行を遅らせたり、改善も期待できます。

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマは細菌だが通常の免疫状態であれば感染することは少ない。しかし免疫が弱っていたり、幼齢・若齢の猫であると感染する可能性が上がる。
マイコプラズマに感染した猫は気管・気管支・肺などに炎症を起こし、マイコプラズマが単体で感染するよりも他のウイルスや細菌とともに複合感染する場合が多い。
肺炎を放っておくと致命的な状態に進行する場合がある。
肺炎に罹患した猫に認められる症状は、発熱、頻呼吸、努力性呼吸、呼吸困難など。
病態の進行が早く症状が進むと元気消失、食欲不振、体重減少を示し、二次感染を引き起こすと鼻汁や痰といった症状も現れる。

■マイコプラズマ感染症の治療法・治療薬

マイコプラズマ性肺炎(細菌性肺炎)の治療には抗生物質が使用されます。
薬剤感受性試験の結果が出るまでは、呼吸器への分布が良い抗生物質が使用されます。
主にテトラサイクリン系やマクロライド系の抗生物質が使用されます。
ペットくすりで購入可能なミノマイシンはテトラサイクリン系抗生物質の一つです。

ミノマイシン

ミノマイシン

ミノマイシンはテトラサイクリン系の抗生物質です。細菌が増殖するために必要な蛋白質の合成を阻害することによって抗菌作用を示します。
通常犬や猫の皮膚感染症、肺炎などの呼吸器疾患、耳鼻疾患、尿路感染症、生殖器感染症、歯周病など幅広い感染症の治療に使用されます。

フィラリア症

フィラリア症

フィラリア症は犬で一般的な病気ですが実は猫にも感染する。 フィラリア虫体は猫の体内では発育しにくいので犬よりは発生率が少ない。
しかし、感染が成立すると命に関わる病気なので恐ろしい病気であることに変わりはありません。
肺動静脈にフィラリアが寄生すると、肺循環系に症状が発生する。 犬と比較して猫の場合症状が顕著に出ることは少ない。
また超音波検査などによる診断も猫の場合は困難。 家庭で認知できるほどの症状が出た場合は、症状がかなり進行した状態であることが多い。
発生する症状は肺の症状が主であり具体的には、咳、呼吸困難、開口呼吸など。 更に吐き気、食欲不振、体重減少などといった症状も発生する。
寄生部位が肺、心臓なのため突然死のリスクも大きい。

■フィラリア症の治療法・治療薬

前述のように猫のフィラリア症は珍しい病気で、発見も難しい疾患です。
フィラリア症が見つかったときには治療が難しいことが多いです。
なので、予防治療が一番効果的であると言えます。
予防時期は地域によって異なりますが、蚊が発生している間は予防が必要です。
具体的な予防時期は獣医師に相談してください。
ペットくすりで購入できる予防薬にはストロングホールドレボリューションがあります。

ストロングホールド猫用

ストロングホールド猫用

猫の皮膚に塗布するだけでフィラリア症予防、ノミダニ駆除&予防、回虫駆除ができるオールインワンの大人気商品です!皮膚につけるお薬なので、飲み薬が苦手なねこちゃんへの投与が楽です。
月に1回1本を皮膚に塗布するだけで、フィラリア症予防とノミ・耳ダニ・回虫を駆除できます。皮膚への刺激が少ない安全なお薬で、使用直後に素早く皮膚から吸収されシャンプーも2時間後から可能です。

レボリューション猫用

レボリューション猫用

ノミダニ駆除&フィラリア症予防が1本で可能。耳ダニ・回虫もまとめて1ヶ月間バッチリ予防します。経口薬が苦手な猫ちゃんにもおすすめ。背中に垂らすだけなので簡単です。
有効成分は使用直後に素早く皮膚から吸収され、シャンプーも2時間後から可能です。

糖尿病

糖尿病

血糖値は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって適切な状態になるように調節されている。
このインスリンに対する体の反応が悪くなったりまたは充分に出なくなったりする事で血液中の糖を体に取り込めなくなる。
その結果血糖値が持続して高くなり、尿中に糖を排出するようになる。
猫の糖尿病は人で言うところの「2型糖尿病」であると考えられている。
猫の糖尿病の主な症状は、多飲多尿、多食、体重減少。 特に多飲多尿と体重減少は顕著に認められることが多い。

■糖尿病の治療法・治療薬

糖尿病の治療にはインスリンが必要です。
血糖値の調節は、インスリンホルモンを注射で補う治療と、療法食を使用して急激な血糖値上昇をコントロールする治療が一般的です。
インスリン治療のフードとして、「低炭水化物・高タンパク食」が推奨されます。
食事療法によって、食後の高血糖を防ぎ、インスリン分泌の変動を緩やかにします。
さらに、肥満や感染症、炎症などインスリン抵抗性に関わる可能性のある要因についても必要な対応を並行して行います。
猫では肥満が糖尿病の発症に関与している場合が多いです。肥満気味の猫は普段から体重管理をきちんと行うようにしましょう。

ミミヒゼンダニ症(疥癬)

ミミヒゼンダニ症(疥癬)

耳ヒゼンダニ症はミミヒゼンダニが耳道に寄生することで引き起こされる病気。
感染したミミヒゼンダニは耳道の表面に生息し、ミミヒゼンダニが耳道内を動き回ることで痒みが引き起こされる。
またミミヒゼンダニが存在することでダニ抗原に対するアレルギー反応が起こりそれも皮膚症状の原因になる。
ミミヒゼンダニが寄生すると耳から大量の黒い耳垢が出るようになり、また強い痒みを伴うため耳をかきむしり耳表面を傷つけることも多い。
さらに耳表面にイボ(丘疹)ができたり、カサブタが出来たりする。

■ミミヒゼンダニ症の治療法・治療薬

ミヒゼンダニの治療は駆虫薬による全身治療と点耳薬による局所治療に分かれます。
耳の中に薬剤が入ることを嫌がる猫も多いので、駆虫薬による全身治療の方が負担が少ないかと思います。
ミミダニの駆虫にはレボリューションの使用が可能です。また、耳の洗浄にはエピオティックが適しています。

レボリューション猫用

レボリューション猫用

ノミダニ駆除&フィラリア症予防が1本で可能。耳ダニ・回虫もまとめて1ヶ月間バッチリ予防します。経口薬が苦手な猫ちゃんにもおすすめ。背中に垂らすだけなので簡単です。
有効成分は使用直後に素早く皮膚から吸収され、シャンプーも2時間後から可能です。

エピオティック

エピオティック

外耳炎の予防と治療の補助にお使いいただける薬です。実績のある大手製薬メーカーの耳洗浄液で自宅で出来る外耳炎ケアです。耳浴がしにくい猫や、耳が汚れやすい垂れ耳犬種に最適です。
本薬は耳の汚れを浮き立たせ炎症を抑える働きがありますが、抗生剤や抗真菌剤等は配合されていないため、耐性菌を生み出す心配はありません。普段の予防という面でもとても優れた洗浄液です。

ノミ・マダニによる皮膚病

ノミ・マダニによる皮膚病

マダニやノミによる疾患としてマダニ症、ノミアレルギー性皮膚炎が挙げられる。
マダニ症はマダニの寄生によって引き起こされ、マダニ本体の吸血による症状とそれによって媒介される感染症の危険もある。
ノミアレルギー性皮膚炎はノミの唾液が原因となって発症する。ノミは猫から吸血するために皮膚を刺して血を吸い、その際に唾液が皮膚の中に侵入しアレルギー反応を引き起こす。
マダニ症の症状として吸血による貧血、マダニタンパクによるアレルギー反応があり、マダニが媒介する感染症として重症熱性血小板減少症や日本紅斑熱などがある。
ノミアレルギー性皮膚炎は強い痒みを伴い、脱毛、カサブタ、潰瘍などの症状も認められる。病変は腰部、下半身、顔面、頭部に発生することが多い。

■ノミ・マダニによる皮膚病の治療法・治療薬

マダニ症、ノミアレルギー性皮膚炎共に治療の第一選択は駆虫薬による駆虫療法です。
マダニやノミがいる場所に行かせないことも必要です。またノミが発生しないように生活環境を対策することも重要です。
ノミ、マダニの予防、駆虫にはフィプロフォートプラスメロニルプラスが使用可能です。
ノミの活動時期は梅雨から夏にかけてがピークですが室温が13℃を超えていれば冬でも生息可能です。
マダニは梅雨と秋が感染の多い時期ですが、一年中感染の可能性があります。 よって、ノミ・ダニともに一年を通しての予防を推奨します。

フィプロフォートプラス猫用

フィプロフォートプラス猫用

猫ちゃん専用ノミ・マダニ駆除薬で、飲み薬の投与が難しい猫でも液剤を垂らすだけなので簡単です。ペットくすりが最安値で一番人気のお薬です。
本剤を1か月に1回皮膚に塗布するだけで、様々な病気を媒介するノミやマダニの被害から守ることができます。

メロニルプラス猫用

メロニルプラス猫用

先発薬品のフロントラインと同じ有効成分のジェネリック薬品なので、効果は同じですが値段はお手頃です!肩甲骨の間の毛をかき分けて皮膚にお薬を垂らすだけで終了です。
ノミ、マダニ、ハジラミが駆除ができて、さらに効果は1ヶ月持続します。パッケージと説明書は全て日本語なので操作も明快です。

寄生虫性腸炎

寄生虫性腸炎

寄生虫性腸炎は寄生虫に感染して引き起こす病気。消化器症状を引き起こす寄生虫は色々な種類のものが存在し、感染した寄生虫の種類によって便から様々な形の卵が検出される。
寄生虫が成長すると、便から肉眼で虫体が検出されるようになる。消化管内の寄生虫に感染した猫は主に消化器症状を示す。
軽度の軟便から始まり、泥状便、水様便へ進行し、炎症によって腸管の粘膜が傷つくと血様便も生じるようになる。
また吐き気が伴う場合もあり寄生虫が嘔吐物から出てくる場合もあり。さらに症状が進行すると、食欲不振、体重減少が引き起こされる。

■寄生虫性腸炎の治療法・治療薬

寄生虫疾患にはその種類により様々な治療薬が使用されます。
腸トリコモナスにフラジールメトロジールが使用できます。
猫回虫および猫鉤虫への薬はキウォフプラスがあります。

フラジール

フラジール

子犬や子猫に多い下痢の原因となるジアルジアやトリコモナス原虫の駆除が可能です。
抗菌性と抗炎症作用があり、猫の炎症性腸炎にも使用可能です。
人に使用されているお薬ですが犬や猫にも使用可能です。

メトロジール

メトロジール

フラジールのジェネリック商品なので、同成分なのにお手頃価格!ジアルジア症など、寄生虫の駆除する抗生物質です。
バクテリア感染の治療と予防にも用いられます。成分のメトロニダゾールは細菌および原虫のDNA合成を阻害します。

キウォフプラス猫用

キウォフプラス猫用

猫用体内寄生虫駆除薬です。ドロンタールのジェネリック医薬品でお値段もお安い!腸管内の線虫類(回虫、糞線虫、鈎虫)などに広く効果があります。
有効成分のパモ酸ピランテル(ピランテル)は動物の消化管からは吸収されにくい性質を持っているので安全性の高いお薬です。

ペットくすりでのお得な猫用医薬品の購入方法

■「ペットくすり」の最安値クーポンを配布します

ペットくすりでお得に猫用医薬品を購入しましょう!猫用医薬品を購入する際は、以下の方法で最安値でお求めください!

まず、ペットくすりで初めてお買い物をする方は、無料会員登録とペット情報を登録することで、トータル700ポイントをゲットしてください。
この700ポイントは、すぐに700円分の割引として利用することが出来ます。

さらに購入時に以下の最安値クーポンコードを入力してください。

■ 購入価格がトータル6,000円以下の場合
クーポンコード【 300jpy 】 300円OFF

■ 購入価格がトータル6,000円以上の場合
クーポンコード【 petmovie 】 5%OFF

上記記コードをコピーし、購入時に入力ください。
詳しくは商品箇所をご参照下さい。

※ご利用期間:有効期限無期限
※他のクーポンコードとの併用はできません。

また、以下の記事を参照頂いて、猫用医薬品をお得に入手してみてください。

まとめ

  • 猫も人間と同様に様々な病気にかかるので、かかりやすい病気の種類や症状を事前に理解することによって早期の病気発見につながる
  • ペットくすりでは猫のかかりやすい病気に関しての様々な治療薬を取り扱っているので上手に利用することによって猫の健康を守ろう
猫のフィラリア症の予防薬って、結局何が一番いいの?
猫のフィラリア症の予防薬には様々なものがあります。いっぱいありすぎて選べないというあなた。あなたのニーズに合わせた一番いいフィラリア症予防薬をお教えします。あなたの猫ちゃんのフィラリア予防の参考にしてください。
ペットくすり猫ノミマダニ駆除薬って結局何が一番いいの?
ペットくすりで扱っている猫用のノミ•マダニ駆除薬には様々なものがあります。ペットくすりではフィラリア症予防薬以外にも様々な猫用ノミ•マダニ駆除薬を取り揃えています。あなたのニーズに合わせた一番いいノミ•マダニ駆除薬をお教えします。あなたのノミ•マダニ駆除の参考にしてください。

関連記事

ペットくすり最新クーポンコード・セール・キャンペーン情報
ペットくすり 2020年最新クーポン・クーポンコード情報です
ペットくすりはペット医薬品の通販のサイトではありません
ペットくすりのナツコさんはメルマガ担当の人気スタッフです
ペットくすりお得に会員登録しよう
ペットくすりで買い物をする時に知っておくべき3つのポイント
ペットくすりのポイントシステムはこんなにすごい!
ペットくすり 2020年最新セール情報です
ペットくすり 2020年最新キャンペーン情報です
タイトルとURLをコピーしました