ペットくすりで人気の皮膚病のお薬とは?

ペットくすりで人気の皮膚病のお薬とは?

ペットくすりで通販されている皮膚病のお薬はそれぞれの症状に合わせて色々取り揃えています。
犬や猫を飼っていると皮膚トラブルはつきものです。1年を通してなかなか気が抜けませんね。
そこで今回は皮膚病についての情報を集めてみました。
ペットくすりでは症状別の皮膚トラブルにお使いいただける薬を厳選しています。
ワンちゃんや猫ちゃんのの皮膚関係でお悩みの飼い主さんは必見です!

犬と猫の皮膚病とは?

ワンちゃんや猫ちゃんにこんな症状ありませんか?
背中やお腹のかゆみやブツブツ、抜け毛や赤み、フケなど・・。
これらはすべて皮膚病の可能性があります!
犬と猫の主な皮膚病にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

遺伝的素因があり、環境中のアレルゲンにアレルギー反応を引き起こします。
顔や手足、肛門周囲に強いかゆみや赤みを引き起こすのが特徴です。
これは犬によく見られる病気で、6ヶ月から3歳の比較的若い年齢で発症することがよくあります。
かゆみや赤みが強いのが特徴です。 目の周り、口の周り、耳、四肢、脇の下、肛門の周りに多くの症状があります。
アトピー性皮膚炎のほか、他のアレルギー、細菌による二次感染、マラセチアなどにより症状が悪化することがあります。
外耳炎を併発していることも多く特有の臭いを発します。

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミ

ノミに刺された際に注入される唾液の成分に対してアレルギー反応を起こす炎症反応で、夏から初冬にしばしば発症します。
腰、肛門周囲、尾に強い痒みが認められるのが特徴です。
治療は駆虫薬と皮膚炎に対する内科治療を行いますが、定期的に駆虫剤を投与・予防することが重要です。
二次感染よる皮膚炎、脱毛などを併発していることもあります。

膿皮症

膿皮症

皮膚に存在する細菌は、皮膚のバリア機能が低下しているため、皮膚に浸透・増殖して化膿性病変を形成します。
通常は痒みがあり、赤くポツポツとした湿疹や膿疱がみられます。症状は、股間、脇の下、腹部によく見られます。
主な原因菌は黄色ブドウ球菌です。
治療には主に経口抗生物質とシャンプー療法が含まれます。
犬の皮膚はおよそ20日間で新しくなるたので、この期間中に適切な抗生物質とシャンプーで改善することが期待できます。

マラセチア性皮膚炎

マラセチア性皮膚炎

マラセチアは、犬の皮膚に常在する真菌(カビ)の一種ですが、皮膚のバリア機能が低下し、皮脂分泌が多くなりすぎ、アトピーや皮膚炎により皮膚抵抗力が低下します。
そして、異常に繁殖し、皮膚炎を引き起こします。
強い痒みが特徴で、引っかき傷が皮膚炎を起こすことがあります。
皮脂がたまりやすい耳、口の周り、下顎、腋窩、大腿の内側、脚の間、および肛門の周りによく発生します。
皮膚は油性で脂っこく、赤い湿疹と黄色または灰色の油性フケがみられます。掻くことにより皮膚が黒ずんだり、厚くなったり、脱毛がみられることもあります。

皮膚糸状菌症(カビ)

皮膚糸状菌症(カビ)

糸状菌とはカビの一種で、皮膚に侵入、増殖することにより皮膚炎を起こします。
おもな症状は発赤と脱毛で、痒みはほとんどありません。
顔や頭、四肢端などに発症します。
免疫機能が弱い若年および高齢の動物や免疫不全の動物によく見られます。
治療としては抗真菌薬の内服、抗真菌シャンプーを行います。

ニキビダニ症

ニキビダニ症

ニキビダニは、健康な犬のほとんどの皮膚に寄生するダニです。
通常は無症状ですが、皮膚のバリア機能が低下し、増殖して皮膚炎を引き起こします。
顔や前肢にフケや脱毛、皮膚が薄くなる、脱毛を伴ったポツポツとした赤い湿疹がみられます。
二次感染があるとジュクジュクしたり、フケが出たりすることもあります。
顔や前肢に局所的に発生することが多いですが、全身に広がることもあります。

疥癬症

疥癬症

ヒゼンダニ(イヌセンコウヒゼンダニ・ネコショウセンコウヒゼンダニ)が寄生して起こる皮膚炎です。
強い痒みが特徴で、赤くポツポツとした発疹や黄色のフケが見られます。
初期の段階では、耳、肘、踵、腹部に影響を与えることがよくありますが、進行するにつれて全身に広がることがあります。
痒みにより毛をむしる、皮膚を掻き壊すなどの行動がみられます。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症

喉の下部にある甲状腺から分泌される甲状腺ホルモン低下によっておこる病気です。犬に多く発生します。
寝ている時間が増えた、元気がない、あまり食べていないのに太っているなどの全身症状がみられます。
皮膚では痒みのない左右対称性の脱毛が特徴で、背中や尾に症状が多く出ます。
その他の症状には、脂性肌(脂漏症)、毛に光沢がない、フケ、毛を刈った後に生えてこないなどがあります。
多くの場合、二次感染により他の皮膚疾患の併発を引き起こします。

参照:犬と猫の皮膚科
参照:三重動物医療センター なるかわ動物病院

ペットくすりで人気の皮膚病のお薬

ペットくすりでは様々な皮膚病関連のお薬も取り揃えております。
ペットくすりマスターが症状別の皮膚トラブルにお使いいただける薬を厳選して紹介します!
もし大切なワンちゃん、猫ちゃんが皮膚病にかかってしまったらペットくすりの皮膚病のお薬を是非ご利用ください。

皮膚病の予防薬

犬・猫の皮膚病を予防するためには日常的なケアが本当に大切です。病気になってからでは遅いのですよ!しっかりと予防しましょう。

オーガニックしっとりシャンプー

オーガニックしっとりシャンプー

100%オーガニックのココナッツ・アーモンドオイル・オートミール配合のシャンプー。天然素材がやさしく肌に潤いを与えてくれます。
皮膚の痒みや乾燥をふせぐシャンプーです。

オーガニックデオドラントシャンプー

オーガニックデオドラントシャンプー

天然エキス&ラベンダー・ローズマリーの香り付きシャンプー。
重曹と亜鉛が体臭を抑え、かゆみを沈めます。ペットの体臭を抑え、しっとりさせるシャンプーです。

ナチュラルペット スキン&イッチー猫用

ナチュラルペット スキン&イッチー猫用

ペットのさまざまな皮膚症状「赤み」「かゆみ」「湿疹」「ひび割れ」「発疹」「蕁麻疹」「乾燥」などを予防する、猫用の健康補助食品です。
飲み水に混ぜて与えるだけなので使い方はとっても簡単です。

アトピー性皮膚炎のお薬

アトピー性皮膚炎はアレルギー性皮膚炎の一種です。ハウスダストやダニが原因で症状が出るため、室内を清潔に保つことがとても大切です。
症状が出てしまった場合は以下のお薬で緩和することができます。

アポクエル(アポキル錠)5.4mg20錠

アポクエル(アポキル錠)5.4mg20錠

「アポクエル5.4mg」は、日本では「アポキル錠」と言う商品名で販売されている犬用の内服薬です。
アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎のかゆみにすぐ効く経口薬。副作用が少ないため、ステロイドに不安のある方でも安心して長期投与可能。

アトピカ50mg

アトピカ50mg

本剤はソフトカプセルのアトピー性皮膚炎治療薬で、体重が 8kg〜 14.9kgの犬のための飲み薬です。アレルギーに関係した免疫細胞に作用して、痒み症状などを緩和してくれます。

アイチュミューン 25mg

アイチュミューン 25mg

慢性アレルギー性皮膚炎の辛いかゆみを軽減。ジェネリックのため安価・安全に使用可能。
炎症性腸疾患など、様々な自己免疫疾患にも効果があります。

かゆみ、炎症、乾燥(ドライスキン)

痒がっている大切なワンちゃんや猫ちゃんがツラそうで見てられない…。そんな飼い主さんのために、かゆみやドライスキンにお使いいただける商品を厳選しました!

ドクターゴールドかゆみ緩和スプレー

ドクターゴールドかゆみ緩和スプレー

皮膚のかゆみや痛みを速攻で緩和する、ペット用かゆみ緩和スプレーです。
患部の皮膚をきれいに洗浄し、乾かしてからスプレーするだけ。

オーガニックスキンスプレー

オーガニックスキンスプレー

ワンちゃんの皮膚の炎症やかゆみ、ドライスキンや小さなキズ等、広い範囲の皮膚疾患にお使いいただける、マルチなオーガニックスキンスプレーです。

オーガニック抗バクテリアシャンプー

オーガニック抗バクテリアシャンプー

かゆみを抑える100%オーガニック・スプレー。バクテリアの予防と体臭改善の効果も。12週齢以上のわんちゃんにお使いください。

マラセチア皮膚炎のお薬

真菌の一種である「マラセチア菌」が原因。、赤み・かゆみ・フケ・臭いをもたらします。
湿度の高い時期に発症しやすくなるので、洗浄によってマラセチア菌を物理的に除去することが大切です。

ニゾラール2パーセント抗脂漏症シャンプー

ニゾラール2パーセント抗脂漏症シャンプー

マラセチアに使える薬用シャンプー。脂漏性皮膚炎、イースト感染にも効果あり。ワンちゃん、猫ちゃん兼用です。

ケトコナゾールシャンプー

ケトコナゾールシャンプー

ニゾラル2パーセント抗脂漏症シャンプーのジェネリック。同成分ですがよりお安く購入できます。

ミコデームシャンプー

ミコデームシャンプー

ミコデームシャンプーは、ミコナゾール 2.0%を配合した犬と猫の白癬やマラセチア皮膚炎を治療するための抗真菌性シャンプーです。
皮膚炎の原因である細菌や真菌を死滅させる効果を持っています。

膿皮症のお薬

ブドウ球菌の異常増殖により発症するのが膿皮症です。正しいスキンケアとシャンプーで予防が大切ですが、膿皮症になってしまった場合は以下のお薬を使用ください。

リクセン錠300mg

リクセン錠300mg

ワンちゃんや猫ちゃんの細菌性皮膚炎やその他の部位の細菌感染症に対して効果がある抗生物質です。有効成分セファレキシン300mg含有です。

セファレキシン150錠

セファレキシン150錠

マラセチア、泌尿器系、呼吸器、骨、関節など広範囲に使用できる治療薬。ワンちゃん、猫ちゃん兼用です。バクテリアから患部を守ります!

以上、ペットくすりマスターが症状別にペットくすりで取り扱っているおススメのお薬をご紹介させていただきました。
ワンちゃんや猫ちゃんのために、適切な処置を心がけたいですね。

その他、皮膚病に関するお薬についてはコチラからご覧ください。

ペットくすりでのお得な皮膚病薬の購入方法

ペットくすりでお得に皮膚病薬を購入しましょう!
既にいくつかの記事で、ペットくすりをお得に利用する方法をご紹介しました。

以下の方法でお得に犬・猫用の皮膚病薬を購入することができます。
関連記事を参照頂いて、1円でも安くお薬を手に入れてくださいね!

  • ペットくすりに新規会員登録することで200ポイントゲット。さらに裏技で500ポイントゲットできます!

関連記事→ペットくすりお得に会員登録しよう

  • ペットくすりのメルマガに登録するだけで200ポイントが貯まります。
  • さらにペットくすりのメルマガでペットの健康に関する有益なアドバイスや情報を無料で受け取ることができます。

関連記事→ペットくすり ナツコ担当のメルマガ登録で200ポイントゲット!

  • ペットくすりのクーポンやセール情報をいち早く入手してお得に購入しよう。

関連記事→ペットくすり最新クーポンコード・セール・キャンペーン情報

  • ペットくすりのポイントシステムを利用してお得に購入
  • 買えば買う程お得な還元率のまとめ買い!

関連記事→ペットくすりのポイントシステムはこんなにすごい!

これらの記事を参照頂いて、犬・猫用の皮膚病薬をお得に入手してみてください。
皮膚病は予防対策が大切です。皮膚病になる前のケアををお忘れなく!

まとめ

  • 犬と猫の皮膚にトラブルはつきもの。皮膚病になる前の予防・ケアがとても大切
  • 犬と猫の皮膚病には様々なものがあり、飼い主がその症状等を把握しておくことが重要
  • ペットくすりではフィラリア予防対策やノミマダニ駆除対策の薬だけでなく、様々な皮膚病関連のお薬も取り扱っている
ペットくすり
ペットくすりマスターをフォローする
ペットくすりマスター

こんにちは。このサイトを運営しているペットくすりマスターです。
犬猫はもちろん動物なら何でもこよなく愛するペット大好き人間です。
これまで、数十匹の愛犬、愛猫の飼育経験あり。
もちろん今も可愛いワンちゃんとネコちゃんと生活しています。

ペットくすりマスターをフォローする
ペットくすりWEB
タイトルとURLをコピーしました