ペットくすりのサプリメントと犬の育て方のヒント

ペットくすりのサプリメントと犬の育て方のヒント

ペットくすりではサプリメント商品を色々と取り揃えています。
ペット先進国のアメリカやオーストラリアでは以前よりサプリメントはペットケアの一部として取り入れられきました。
最近では日本でも愛するワンちゃんや猫ちゃんの病気予防のためにペットサプリを取り入れる飼い主さんも増えてきたようです。
今回の記事ではワンちゃんに関する育て方のヒントやサプリメントを含む食事に関しての情報をまとめてみました。
あなたもサプリメントに関する理解を深め、上手に取り入れてペットの様々な病気予防、健康維持を保ってください。

これから犬を飼おうと考えてる方へ

ワンちゃんの平均寿命はおおよそ13際~14歳です。それ以上長寿なワンちゃんもいますし、介護が必要な場合も出てきます。
もしあなた自身が既に高齢だった場合、その先のことも考えて決めることも重要です。
犬を飼うということは、「命の責任」があることを自覚して、大切に育てていきましょう。

犬を飼うときのチェックポイント

犬を飼うときに以下のポイントに留意しながら検討が必要です。

  • 犬の特性や飼い方、寿命や大きさなどをちゃんと調べましょう
  • 犬を飼うことについて、家族が賛成しているか確認しましょう
  • 家族に動物に対するアレルギーを持つ人がいないか確認しましょう
  • 犬を飼うことができる住宅か確認しましょう
  • 引っ越しや就職、結婚などで犬を手放すことがないか、万が一のことも考えておきましょう
  • あなたの体力で世話やコントロールができる犬種を選びましょう
  • 自分が飼おうとしている犬種のかかりやすい病気を調べましょう
  • その犬を飼うのに必要なスペースや用品を準備しましょう
  • 飼うのに必要なフード代、ワクチン代、医療費、用品代などを計算しておきましょう
  • 散歩や犬の世話を毎日欠かさずできる時間が作れるか考えましょう

犬の入手方法

ペットショップやブリーダーから購入する方法のほか、一般家庭で産まれた子いぬを譲り受ける、動物保護施設から引き取るなどがあります。

犬を飼いたい場合は、母犬や兄弟犬と一緒に最大8週間(約2ヶ月)過ごした経験のあるワンちゃんが育てやすいので、初心者の方におすすめです。
飼いたい犬種を決まったら、事前にその特性や性格を調べておくといいかもしれません。
どの犬種も飼い主の家族と一緒に過ごせる環境(家の中)で生活するのは自然であり、家族との信頼関係を築きやすくなります。

主な犬種について

ペットとして人気のある主な犬種をまとめてみました。あなたの好みはどんなワンちゃんですか?

超小型犬

チワワ

チワワ

成犬時の大きさ:体重 1.5~3kg
大きな瞳が印象的な愛らしいルックスが魅力。好奇心旺盛な反面、神経質なところがあるので、子犬の頃から毎日散歩に行って、いろんな犬や人と楽しく触れ合う時間をつくり、時間をかけて慣れさせることが大切です。怒って吠えるなど、強気で自己主張することがありますが、それは不安の表れだとわかってあげましょう。

ポメラニアン

ポメラニアン

成犬時の大きさ:体高 18cm~22cm
ふんわりとした毛が魅力的ですが、中の体格はきゃしゃでほっそりしています。好奇心旺盛で機敏な動きをするので、家の中で動き回る姿を見ているだけでもかわいくて飽きません。

ヨークシャー・テリア

ヨークシャー・テリア

成犬時の大きさ:体重 ~3.2kg
通称ヨーキー。「動く宝石」とも称されるだけあり、光沢のある美しい被毛が魅力的で常に動き回っています。テリアらしい探究心や負けん気、頑固さもあり、冒険も大好きです。家の中でも野外でも、飼い主さんといっしょに運動になる遊びを楽しむのがオススメです。

小型犬

トイ・プードル

トイ・プードル

成犬時の大きさ:体高 24~28cm
お利口で活発、さらに従順なのでトレーニング次第でいろんな活動ができます。遊び好きの甘えん坊だから、飼い主さんといっしょにできる遊びを毎日楽しみましょう。また、抜け毛がほとんどないのでお部屋もキレイに保てます。トリミングが必要な犬種で多彩なカットスタイルが楽しめるのも魅力。毎月のペットサロン代も予算に入れておきましょう。

ミニチュア・ダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンド

成犬時の大きさ:体重 約9kg
獲物を追って地中の穴の中に潜り込むように作られた胴長短足の体型、しなやかで機敏な動きができ、耐久力も持ち合わせています。ボールを追いかける遊びなど、活発な運動を毎日させるのがオススメです。陽気でやんちゃな子が多く、外で一緒に運動すると楽しい毎日が過ごせるでしょう。

シー・ズー

シー・ズー

成犬時の大きさ:体高 27cm以下、体重4.5~8kg
穏やかで静かな性質と頑固で活発な性質を併せ持っている犬種です。陽気で人懐っこくフレンドリーな性格なので、子供や高齢者のいる家庭で好まれます。高温多湿が苦手なので、夏はエアコンの部屋で過ごすのが理想的です。快適な家の中で過ごすことがオススメですが、精神面の充実のために毎日のお散歩は必要です。

パピヨン

パピヨン

成犬時の大きさ:体高 約28cm、体重オス2.5~4.5kg メス2.5~5kg
蝶の羽を思わせる飾り毛のある耳が特徴の優美な小型犬。利発でトレーニングの反応がよく、遊びも大好きな犬種です。見知らぬ人や他の犬、他のペットとも仲よくでき、子供に対しても友好的にふるまえます。利発なパピヨンには、毎日適度な散歩で外からの刺激を受けさせるのはもちろん、家の中でも頭を使う遊びにトライしましょう。

小型~中型犬

柴

成犬時の大きさ:体高 オス40cm(±1.5cm) メス37cm(±1.5cm)
日本犬の中で随一の小型犬種で天然記念物に指定されています。警戒心が強いのですが、信頼した相手にはとても従順です。長めのお散歩や広場で走らせるなど、毎日十分に運動させましょう。

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

成犬時の大きさ:体高 オス27~35cm メス24~32cm
コウモリ型の直立耳と短い尾が特徴的で、しぐさや行動が愛らしい犬種です。社交的で活発、遊び好きですが激しい運動には向きません。飼い主さんに寄り添うことが大好きで、テレビを見ている時なども常に横に来て、ふと見るとイビキをかいてうたた寝していることも。気が付くといつもそばにいてくれるパートナー的な存在になるでしょう。

大型犬

ゴールデン・レトリーバ―

ゴールデン・レトリーバ―

成犬時の大きさ:体高 オス56~61cm メス51~56cm
ゴールドに輝くロングの被毛とフレンドリーな性格が魅力の犬種です。陽気で明るく人と遊ぶことが大好き。優しく接することができるので子供がいる家庭にも向いています。聡明で教えたことをどんどん覚えて、実行する頼もしさもあります。ただし、孤独が苦手なので、常に人といっしょにいられる家庭がオススメです。

ラブラドール・レトリーバ―

ラブラドール・レトリーバ―

成犬時の大きさ:体高 オス56~57cm メス54~56cm
盲導犬としても活躍する賢い犬種。もとは水中回収犬だったこともあり、泳ぎが得意で水遊びが大好きです。回収好きなので、毎日のお散歩でボール遊びを取り入れるのもオススメです。作業意欲が高い分、退屈が苦手なので、新聞やティッシュBOXを持ってこさせるなど、いろんな仕事を与えるのがオススメです。

どうですか?主な人気種をご紹介しましたが、あなたのお眼鏡にかなったワンちゃんはいましたでしょうか?
もちろん、これら以外にもまだ色々な種類やミックス犬などたくさんいますので、興味のある方は調べてみてください。

犬の病気と健康

犬の病気と健康

健康診断を受けに動物病院へ

まずワンちゃんが家にやってきて少し慣れたらなるべく早く動物病院へ連れて行きましょう。
健康診断を受けて異常がないか獣医師さんに診てもらいます。
ただし、子犬のカラダにはまだ免疫ができていないので、キャリーバッグやクレートなどに入れて行くのが安全です。
ペットショップで購入後すぐに感染症や遺伝性疾患が見つかるケースもあります。

また、お腹に寄生虫がいることもあるので新しい便を持参することも忘れないようにしましょう。
さらに、元気がない・食欲がない・吐く・下痢などの場合、命にかかわることもあるのですぐに動物病院で診てもらいましょう。

混合ワクチンの接種

ワンちゃんには致命的な感染症がいくつかあります。
生まれたての頃は母犬からの免疫があるのですが、それらがなくなる前にワクチンを接種することで予防することができます。
初めてのワクチン接種の後、1~2回の追加接種を子犬の頃に行い、その後は1年ごとに追加接種をして感染症を予防します。

ワクチンの接種の内容については、子いぬを迎える前に確認しておき、健康診断の時にその内容を獣医さん伝え、追加ワクチンについて相談してください。
混合ワクチンは、犬ジステンバー、犬伝染性肝炎(犬アデノウイルス1型感染症)、犬パルボウイルス感染症、犬パラインフルエンザ、犬アデノウイルス2型感染症の5種タイプのほか、犬レプトスピラ感染症やコロナウイルス感染症が追加されたものがあります。
その地域の発症状況や、その犬がアウトドアや旅行によく行くなどの行動範囲によっても、必要な混合ワクチンのタイプが違うので獣医さんと相談して決めてください。

狂犬病予防接種は義務

生後3カ月以上のワンちゃんには、「犬の登録」「狂犬病の予防注射の接種」が国の法律「狂犬病予防法」で義務づけられています。
狂犬病の予防接種は、初回の接種後は、毎年4月から6月までの間に受けることが義務になっています。

初回接種のタイミングなどについては、動物病院に相談しましょう。狂犬病は人間や他の動物にも感染し、発症するとほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。
現在の日本では撲滅していますが、海外から入ってくる可能性があるため予防が必要です。

関連記事→犬のフィラリア症と同じくらい怖い犬の感染症とは?

歯科検診を受けましょう

歯科検診を受けましょう

子犬は生後3週間頃から乳歯が生えはじめ、生後2カ月頃には全部で28本の乳歯が生え揃います。
個体差もありますが生後3カ月頃~6カ月頃に、その乳歯が抜け42本の永久歯に生え変わります。

しかし永久歯が生えているのに乳歯が抜けない小型犬も多く、放置しておくと歯並びが悪くなったり歯周病を引き起こす原因になることもあるので、定期的に動物病院で歯科検診を受けチェックしてもらいましょう。

また歯周炎や歯周病はワンちゃんの健康を脅かす最も大きな問題となってますで、ハミガキなどのデンタルケアもワンちゃんの健康を守るために習慣付けるようにしましょう。

関連記事→ペットくすりのデンタルケアについて

フィラリア予防、ノミ・ダニ予防も忘れずに

ワンちゃんの命にかかわる病気に、蚊が媒介するフィラリア症や、ダニが媒介するバベシア症などがあります。
さらにノミやダニは皮膚炎の原因にもなるので気をつけましょう。
特に春から晩秋までは、蚊やノミ、ダニが活発に活動するので、薬を使用して予防するのがオススメです。
今はいろんなタイプの予防薬が出ているので、動物病院で相談して決めましょう。

避妊・去勢の相談は早めに

小型犬のメスなら生後7~10カ月、中・大型犬でも8~12カ月ではじめての発情期を迎えます。
メスの場合、乳腺腫瘍の発生を抑えるなら初回の発情前に手術を行うのがオススメです。
避妊手術で、子宮蓄膿症・乳腺腫瘍などの病気の予防ができますし、偽妊娠による、乳腺腫大・乳汁分泌・巣作り行動・食欲低下の心配もなくなります。
さらに、ドッグランやドッグカフェなどの犬が集まる施設での利用制限もなくなり、飼い主さんも管理しやすくなります。

オスは去勢手術で精巣腫瘍・前立腺疾患・肛門周囲腺腫瘍・会陰ヘルニアなど将来的な病気が予防できます
尿マーキング、マウンティングなどの行為が減少したり、発情期のメスを求めて脱走する心配もなくなります。
健康上問題がなければ、メスもオスも生後6カ月頃から手術が可能ですので時期を獣医さんに相談しましょう。

犬のフードとサプリメント

犬のフードとサプリメント

犬フードの種類と用途

ドッグフードのパッケージには、用途や対象、フードのタイプなど、大切な情報が掲載されています。
その内容を参考に愛犬に適したフードを選びましょう。

メインは総合栄養食

ドッグフードは、大きくわけて「総合栄養食」「おやつ・スナック、間食」「その他の目的食」3つの用途に分かれています。
メインの食事として与えるのが「総合栄養食」です。
これは水と共に与えるだけで、そのペットの必要な栄養素が賄えるものなので、主食にはこの記載があるドッグフードを選びましょう。

しつけのご褒美など、食事以外の時に与えるものに「おやつ・スナック、間食」があります。
嗜好性が高いのが魅力でジャーキやガム、煮干し、クッキーなど形態もさまざまです。
また「その他の目的食」には、総合栄養食にプラスして食欲増進を狙う一般食・副食をはじめ、食事療法を目的とした療法食、栄養をプラスするサプリメントや栄養補助食などがあります。

年齢別フードと犬種別フード

総合栄養食のドッグフードも、どんなワンちゃんを対象にしているのかで種類が分かれます。
子犬用、成犬用、7歳以上用、10歳以上用、13歳以上用など年齢別のものや全成長段階のワンちゃんを対象にしたものがあります。

子犬用は、成長期に必要なエネルギーや栄養を含んだ高カロリーのフードになっています。
生後2カ月頃~1歳(大型犬の場合は1歳半)頃は、このフードを選んでください。
給与量は体重と子いぬの月齢を参考にパッケージの表示されている量を与えてください。
成犬用フードには、犬種の特性を考えた栄養を強化している内容の小型犬用、大型犬用、犬種別のフードや肥満防止用などもあります。

フードタイプ

フードの形態には、ドライ、半生、ウエットタイプがあります。
ドッグフードは直射日光をさけ湿度変化や湿気の少ないところに 保管しましょう。
半生は、ドライよりも嗜好性が高く、手から与えることもできるので、しつけのご褒美などにも適しています。

缶詰やレトルトパウチなどに入ったウエットタイプは、嗜好性に優れていて開封するまで長期保存ができます。
開封後は生ものと同じ状態ですので、開けたら早めに使い切ることが大切です。

犬の食事としつけ

犬の食事としつけ

子いぬの食事の与え方

乳歯が生えそろっていたら、子犬用のドライフードをそのまま与えてください。
ただし家に迎えた数日は、環境変化のストレスなどで食欲不振になることがあります。
その場合は、ぬるま湯でふやかすと匂いがアップし消化もよいので試してみましょう。
食事の回数は、生後3カ月頃は1日4回、6カ月頃は1日3回、9カ月頃からは1日2回が目安です。

フードの移行方法

家に慣れてきたら、子犬に食事のルールを教えましょう。
「おいしいフードを与えてくれるのが誰なのか」子犬に伝わるように、与える前にオスワリやマッテをかけてください。
そして、従ったらすぐに食べさせましょう。

子犬は、急に食事内容が変わると体調を崩すことがあります。
まずはそれまで与えられていた同じフードを与え、徐々に与えたいフードに切り替えましょう。
切り替え方は、1~2週間ほどで新しいフードのみになるように、子犬の様子をみながら今までのフードに新しいフードを少しずつ量を増やしながら混ぜていきます。

おやつを使ってしつけ上手に

ワンちゃんが喜ぶ食べ物に犬用の「おやつ」があります。
犬にとって食べることは楽しみであり、時々おいしいものを食べることは精神的に良い刺激になります。
おやつのタイプによっていろいろな使い方ができるので活用しましょう。

一口で食べられる小粒のおやつは、指示に従うトレーニングのご褒美にぴったりです。
子犬のクチよりも大きくて、すぐに食べられない硬めのおやつは、カラダに触れるトレーニングをする時などに飼い主さんが持ちながら使えます。

また、子犬が退屈している時には、知育玩具におやつを詰めて与えると子いぬのいたずらが減らせます。
さらに、ワン他ちゃんが好む順におやつやドッグフードのランキングを作っておくと、トレーニングのモチベーションを変化させるのに利用できて便利です。

犬に与えてはいけない食べ物

犬に与えてはいけない食べ物

これは知っていてください!玉ねぎなどネギ類、チョコレートなど、人間の食べ物でもいぬが中毒を起こす食品があります。

※犬に危険な人間の食べ物

玉ねぎ、ネギ類、チョコレート、キシリトール入りのガムやキャンディ、レーズン(ブドウ)、アボカド、マカデミアナッツ、鳥の骨など

犬のサプリメントについて

サプリメントとは栄養補助食品、つまり食品です。薬品ではありません。
利点としては(薬品ではないので)購入が容易であり通販などでも買えます。
また、効果もある程度期待できます。動物病院では、薬とサプリメントを両方活用して治療するところもあります。
効果の高い薬でも副作用の危険があって長期間投与できない場合、短期間だけ薬を投与して後はサプリメントを使用するといった具合です。

サプリメントには欠点もあります。薬品ではないので成分検査などの義務がありません。
中身が何なのかはメーカーの良心にまかせるということになります。
投与量もあいまいですから、過剰な摂取によりなんらかの副作用が起こる可能性もあります。
人間用のダイエット茶などで劇症肝炎をおこし何人もの人が亡くなったことがありました。
ワンちゃんに与える場合も、注意が必要です。

ペットくすりのサプリメント商品

ペットくすりで取り扱っているペットサプリは、どれも投与が簡単なものばかりです。
若いうち、元気なうちからのペットサプリを上手く取り入れてあげることで、様々な病気の予防ができるのです。
毎日のケアにペットサプリを加えるだけの病気予防、ぜひ取り入れて頂きたいですね。

ペット用のサプリメントは医薬品ではないので、Amazonや楽天などのネットショップやペットショップなどで購入することが出来ます。
しかしここはペットくすりWEBです!個人輸入代行サービスのペットくすりならではのサプリメント関連商品をペットくすりマスターが厳選して紹介します!

オーシャンオメガゴールド犬猫用180カプセル

オーシャンオメガゴールド犬猫用180カプセル

安全性の高いノルウエー産の魚から抽出した成分で、愛犬の皮膚、被毛をケアし、ノミの寄生抑止効果も期待出来ます。
この「オーシャンオメガゴールド」に含まれるEPA、DHA 、オメガ3の総量はサーモンや他の魚そのままで摂取するより、効率的にオメガ3を摂取出来ます。
手軽に食事に混ぜ与えるだけで、不足しがちな栄養素を補い、皮膚、被毛の状態を整える事が出来ます。

Liv.52ペットドロップス

Liv.52ペットドロップス

愛犬・愛猫の肝臓の調子を整え、食欲増進、栄養強化も可能なハーブ系サプリメントです。肝炎、ディステンパーやパルボウイルス感染症などの治療に併用することで、活力アップが期待できます。
毒物による中毒などを含む様々な理由でダメージを受けた肝臓細胞の再生を促します。

アンキソケア

アンキソケア

愛犬や愛猫の分離不安や攻撃性のある問題行動、しつけの効果アップなどに有効なハーブ配合のお薬です。興奮して落ち着かないペットが落ち着きを取り戻します。愛犬のしつけをする際に併用することで、トレーニングしやすくなります。

ダイジトンプラス

ダイジトンプラス

成犬・成猫のお腹のトラブルに効果のあるハーブ配合の整腸剤です。腸炎や長引く下痢、便秘、お腹の痛みといった日頃の腸の不調も改善できます。体に優しいハーブの効果がデリケートな犬猫にぴったりです。

ネフロテックDS

ネフロテックDS

膀胱炎や尿結石、慢性の腎臓病に効く体に優しい自然派のサプリメントです。化学物質に頼らず、ハーブの抗菌作用で細菌性膀胱炎の改善も可能です。利尿作用で常に膀胱を綺麗な状態に保つことができます。

以上、ペットくすりマスターがサプリメント関連商品を厳選してご紹介させていただきました。
ワンちゃんや猫ちゃんが病気にならないようにいつもサプリメントで栄養補助を心がけてあげたいですね。

その他、ペットのサプリメント関連商品についてはコチラからご覧ください。

この度、ペットくすりでは、サプリメント類の価格を最大50%オフと大幅値下げ致しました。
商品価格を原価ギリギリまで値引きしておりますため、こちらのカテゴリーの商品は他のお薬と合わせてご注文をお願いしております。
是非ペットくすりのサプリメントをご利用いただき、あなたの楽しいペットライフを充実させてください。

まとめ

  • 犬を飼う場合には様々な犬種があるので特性や寿命などを考慮し、色々な状況・条件を踏まえた上で責任を持つことが重要
  • 犬の健康を守るためには病気の概要を理解し、食事やサプリメントを上手に取り入れながら与えることが大切
  • ペットくすりでは様々な疾病に効果のあるサプリメントを多く取り扱っているので上手に利用しよう

関連記事→ペットくすりお得に会員登録しよう
関連記事→ペットくすり ナツコ担当のメルマガ登録で200ポイントゲット!
関連記事→ペットくすりのポイントシステムはこんなにすごい!
関連記事→ペットくすり最新クーポンコード・セール・キャンペーン情報

ペットくすり
ペットくすりマスターをフォローする
ペットくすりマスター

こんにちは。このサイトを運営しているペットくすりマスターです。
犬猫はもちろん動物なら何でもこよなく愛するペット大好き人間です。
これまで、数十匹の愛犬、愛猫の飼育経験あり。
もちろん今も可愛いワンちゃんとネコちゃんと生活しています。

ペットくすりマスターをフォローする
ペットくすりWEB
タイトルとURLをコピーしました