フィラリア症予防と予防薬を安く購入するには

フィラリア症予防と予防薬を安く購入するには

フィラリア症ってどんな病気?

フィラリア症(犬糸状虫症)について

フィラリアは犬の心臓や肺の血管内に寄生する、そうめんのような長細い白い虫です。この虫は犬の血液中の栄養分を吸うため、犬が感染すると心臓や肺をはじめ肝臓や腎臓に異常をきたし最終的には死に至るとても恐ろしい病気です。
このフィラリアの成虫は長さ約17~30cmで見た目もとても気持ちのいいものではありません。
あなたの大事な愛犬をこのフィラリア症から守るためには対策が必要になってきます。しかしちゃんとした対策・予防を行っていれば100%フィラリア症を防ぐことができるのでご安心ください。

フィラリア

フィラリアはどのように感染するのか?

フィラリアはどのように感染するのでしょうか?それはフィラリア症に感染した犬の血を吸った「蚊」によって他の犬に感染するのです。
具体的には、媒介する蚊が感染している犬の血を吸った際に、犬から蚊の体内へ「ミクロフィラリア」が移行します。次にそのミクロフィラリアが蚊の体内で感染幼虫に成長します。
さらに体内に感染幼虫を持った蚊が別の犬の血を吸った時に、感染幼虫がその犬の体内に侵入して、それが心臓や肺に寄生して成虫になるのです。
このようなメカニズムによって感染している犬から犬へフィラリア症が広がっていくのです。フィラリア症を放置しておくと死に至る可能性があるので、予防が最善の対策となります。

マダニについて

マダニ
マダニ

フィラリア症と同じようにワンちゃんにとって恐ろしいのがマダニです。マダニは一度血を吸い始めると皮膚から取り除くことは極めて困難です。
マダニに血を吸われていても犬は痛みを感じず、血を吸われていることに気が付きません。マダニは多くの病原体を媒介するので皮膚炎や貧血だけでなく、命の危険に係わる恐ろしい病気にかかる危険性もはらんでいます。
草むらなどに生息するマダニはワンちゃんの散歩のときに寄生する機会が最も多いので、草むら等に近づく際は細心の注意を払うことが必要です。
またマダニは私たち飼い主にも危険な病気を媒介する可能性があるので、犬についているマダニを発見しても無理に素手で取ろうとするのは禁物です。
そのような場合は速やかに動物病院に相談してみてください。マダニから感染症(SFTS)にかかり人が死亡した例も報告されています。

ノミについて

ノミ

ノミは人にも多くの害を及ぼすので軽く見てはいけません。ノミに刺されるとその部位は皮膚炎や化膿などを発症し、症状が進めばリンパ腺がはれたり、発熱・頭痛を起こしたりすることがあります。
ワンちゃんや猫ちゃんに寄生したノミの成虫はその体表からほとんど離れることなく吸血と産卵を繰り返して最長4か月程度生存しています。その間あなたの大切なワンちゃんはノミの寄生に悩み続けることになるのです。
また人の靴や服にノミの卵が付着して、気が付かない間に家の中で繁殖してしまうことが多々あります。一度家の中でノミが繁殖すると並大抵の努力では駆除できないほど大変です。
なぜなら目に見えるノミは成虫になった僅か5%であり、残りの95%は卵や幼虫・さなぎの状態であなたの家に潜んでいるからなのです。
なのでノミの駆除や予防がとても大事になってくるのです。

おなかの虫(犬回虫犬・小回虫・犬鉤虫・犬鉤虫)について

犬回虫犬・小回虫・犬鉤虫・犬鉤虫

おなかの虫もワンちゃんの大敵ですのでここで言及します。ワンちゃんの年齢や健康状態によって異なりますが、一般的に食欲不振・嘔吐・下痢・血便・呼吸器症状などがおなかの虫によって引き起こされます。
また毛ヅヤにも影響を及ぼしたり、発育不良など様々な悪影響を引き起こします。
ノミと違っておなかの虫は目に見えないので発見が困難なこともあり、排便中からの再感染などにも注意が必要。寄生虫の種類によっても感染経路が様々なのでとてもやっかいです。
人に寄生して私達にも悪影響や深刻な病気を引き起こす可能性もあるので定期的な駆除が必須になってきます。

犬のフィラリア予防について

犬のフィラリア予防

犬のフィラリア予防

  • 注射タイプ:

注射タイプは主に動物病院で処方されるお薬で、一度の注射でおよそ1年間のフィラリア予防効果のあるものが主流になります。
1年間予防効果が続く注射役なので、フィラリア症が活発化する(混雑する)春の時期を避け、秋や冬の間に注射をして予防が可能です。

  • 飲み薬(経口薬)タイプ:

飲み薬タイプはチュアブルタイプ(お肉タイプ)と錠剤タイプの二つに分けられ、ワンちゃんの好みによってお薬を投与できます。
多くの経口薬が1ヶ月程度予防効果が持続するので、フィラリア症(蚊の生息)が活発化する4月~11月の間に月1回7ヶ月間程度投与するのが標準的です。

  • スポットタイプ(滴下型):

食いつきが悪いワンちゃん、餌に薬を混ぜても食べてくれないワンちゃんに対してはスポットタイプのお薬があります。
経口薬と同じように1ヶ月程度予防効果が持続するので、フィラリア症が活発化する4月~11月の間に月1回7ヶ月間程度投与するのが標準的です。

フィラリア症の事前検査

フィラリア症の予防薬を与える前には事前検査が必要です。フィラリアに感染していないかどうかを必ず事前に検査する必要があります。
なぜお薬を与える前にフィラリア症の事前検査が必要なのでしょうか?
それはフィラリア症にワンちゃんが掛っていた場合、犬の体内にフィラリアの成虫から産出されたミクロフィラリアが大量にいる可能性があります。
その時に予防薬を与えて、大量のミクロフィラリアが駆除されることでワンちゃんがショック症状を起こし、最悪の場合は死に至ることがあるからです。
フィラリアの事前検査は動物病院で簡単に行うことができます。簡単な検査キットを使い、犬の血液を検査することでフィラリア抗原を確認することができます。

フィラリアの予防必要期間

フィラリア予防は1年を通じて常時行うことが理想的ですが、最低でも蚊が出始めて一ヶ月後から、蚊を見かけなくなって1ヶ月後まではフィラリア予防必要期間と心得てください。
毎月1回、投薬(経口薬または滴下型)での予防の場合は正しく確実に投薬する必要があります。
フィラリアの予防必要期間の目安としては大体4月下旬~11月下旬が予防期間です。そのために年に7、8回の予防薬投薬が必要になってきます。
予防必要期間については家の周辺の環境やその年の気温等により大きく変化します。毎年変わる可能性もありますので動物病院のお医者様と相談しながら確認することをおススメします。

フィラリア予防対策の落とし穴

フィラリア予防対策の落とし穴

フィラリア予防の際によくある落とし穴です。飼い主さんはご注意を!

マンションの高層階なら大丈夫?

室内飼いのマンションの高層階なら蚊は来ないから、予防しなくても大丈夫なのでは?と思っている飼い主の方は要注意!
蚊はマンションでも5~8階くらいなら上昇気流にのって窓から侵入したり、人間と混ざって一緒にエレベーターで上がってくることもあるのです。
なかにはマンションの15階まで侵入してきた例もあるとか。ワンちゃんの場合は猫ちゃんと違って散歩で外出することもあるので、絶対に蚊に刺されない環境に置くことは難しいと思います。
室内飼いだからと言って油断は禁物。愛犬を守るためにフィラリア予防は必須なのです。

事前検査をせずに予防をしても大丈夫?

動物病院で事前検査を受けるのはちょっと面倒だから、ネットで予防薬を購入して予防を始めても大丈夫だよね?と思っている飼い主の方は要注意!
もしあなたの大切なワンちゃんがフィラリア症に感染していることを知らずにお薬を飲ませると、アナフィラキシーショックで最悪命を落としてしまうことがあります。
愛するワンちゃんのためにちょっとした手間を惜しまず、毎年予防を始める前には必ず動物病院で事前検査を受けてからお薬を与えてあげるようにしてください。
ワンちゃんが亡くなってから後悔するのでは遅いですよ!

蚊がいなくなったのでお薬をやめても大丈夫?

もう涼しくなって蚊が周りに見当たらなくなったのでお薬をやめようと思っている飼い主の方は要注意!
蚊がいなくなったあと1ヶ月後までが正しいフィラリア予防期間なのです。
シーズン最後の投薬日を間違えると、投薬後に刺されフィラリアが寄生してしまう可能性があります。
近年は温暖化の影響もあり蚊の活動期間の長期化が言われています。フィラリアの予防期間は自分で判断しないでかかりつけの動物病院等にご相談してみてください。
フィラリア予防の薬はワンちゃんの身体に悪影響は全くありませんので長めの投薬を心掛けてください。

フィラリア予防薬の料金

フィラリア予防薬の料金

フィラリア予防薬の費用ってどのくらい掛かるの?と思う飼い主さんは多いはず。
フィラリア症予防は気になるけど、費用がどのくらいするのか分からないから不安に感じて、なかなか動物病院に足が向かない飼い主さんもいると思います。

以下は動物病院でフィラリア予防を行う際の参考費用になります。是非フィラリア予防を検討する際の参考にしてみてください。

 ●病院A (一般的な動物病院)

■注射1回(犬の体重によって料金が変動)

  • 5.0kg :6,350円
  • 10.0kg:7,200円
  • 15.0kg:8,050円
  • 20.0kg:8,900円
  • 25.0kg:9,750円
  • 30.0kg:10,600円

■経口薬:チュアブル・錠剤 7回分(犬の体重によって料金が変動)

  • ~ 5.6kg:4,500円
  • ~11.3kg:5,500円
  • ~22.6kg:6,700円
  • ~45.3kg:8,900円
  • ~50.9kg:9,400円
  • ~56.6kg:9,700円

■スポットタイプ:滴下型 7回分(犬の体重によって料金が変動/ノミとダニの予防含む)

  • ~2.4kg:9,100円
  • 2.5~4.9kg:11,200円
  • 5.0~9.9kg:12,600円
  • 5.0~9.9kg:12,600円
  • 10.0~19.9kg:14,000円
  • 20.0~39.9kg:16,100円

(注)別途初診料・再診料がかかります/掲載料金は一例です/使用する予防薬によって価格が変わります/税込表示)

動物病院でフィラリア予防を検討されている際の参考の一助にしてみてください。

フィラリア予防薬を安く購入するには

フィラリア予防薬を安く購入するには

フィラリア予防薬には様々なものがあります。前述した動物病院で処方される注射タイプのものや、チュアブルタイプや錠剤のような経口薬、滴下型のスポットタイプなどワンちゃんの特性に対応した色々なお薬が各製薬会社から販売されています。
またフィラリア予防薬だけでなく、一つの薬でノミ・マダニの駆除、そして回虫などのおなかの虫の駆除ができる高機能のお薬も開発されています。
一つのくすりですべての予防対策ができるオールインワンの薬は少々お値段も高くなっていますが、ジェネリック品などの後発品も多く開発され、お求めやすい価格で入手することも可能です。

またペット医薬品の個人輸入代行サービスなどを利用すると高価なフィラリア予防薬を手軽に購入することも可能です。

愛するワンちゃんの健康を守れるのは飼い主であるあなただけです。

健康を考えるならフィラリア予防だけでなくノミマダニ・回虫予防策も考えてあげてください。

前述の一般的な動物病院でのフィラリア予防費用が高めだと感じたあなた。ワンちゃんの健康を考える時は色々な選択肢が用意されていますので、是非ご検討の一助にしてください。

関連記事→ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する前に必ずチェック

関連記事→本当は怖い犬のフィラリア症!予防薬は必須アイテムです。

関連記事→フィラリア症予防薬売上人気ランキング!

フィラリア
ペットくすりマスターをフォローする
ペットくすりマスター

こんにちは。このサイトを運営しているペットくすりマスターです。
犬猫はもちろん動物なら何でもこよなく愛するペット大好き人間です。
これまで、数十匹の愛犬、愛猫の飼育経験あり。
もちろん今も可愛いワンちゃんとネコちゃんと生活しています。

ペットくすりマスターをフォローする
ペットくすりWEB

コメント

  1. […] 関連記事→フィラリア症予防と予防薬を安く購入するには […]

  2. […] フィラリア症予防と予防薬を安く購入するには 2020.06.24 本当は怖い犬のフィラリア症!予防薬は必須アイテムです。 2020.06.242020.06.25 犬のフィラリア予防薬は高コス […]

タイトルとURLをコピーしました