ペットくすり推薦!お得な犬猫用高齢ペットケアとは?

ペットくすり推薦!お得な犬猫用高齢ペットケアとは?

私たちが長年連れ添った愛犬や愛猫はもはや家族です。どんなペットでも必ず歳を重ねます。
愛するワンちゃんや猫ちゃんが高齢になった時に私達飼い主は家族の為にどんなことをしてあげられるでしょうか?

今回の記事ではペットが高齢になった時に私達飼い主がしてあげられること、注意しなければならないことなど高齢化に関する情報をまとめてみました。

またペットくすりWEBでは高齢ペットがなりやすい病気の治療薬などについてご紹介しています。
高齢ペットは、齢を重ねることで体の様々な機能や免疫力が落ちてしまうものです。
それが原因で体調を崩しやすく色々な病気にかかりやすくなってしまうのです。

高齢のワンちゃんやネコちゃんは、眼疾患、心臓病、肝臓病、腎臓病、腫瘍、関節、肥満などの病気にかかりやすいので、日頃からのケアがとても大切です。

ペットの高齢化に関する問題

ペットの高齢化の現状

人間と同じようにペットの世界でも高齢化が進んでいます。
あなたの大切なワンちゃんや猫ちゃんの寿命はどのくらいか把握していますか?
十数年前に比べて、ペットの寿命はどんどん長くなってきています。

2010年からの平均寿命の推移を見ると、ワンちゃん、猫ちゃんともに寿命は上昇傾向にあります。
15才前後のワンちゃん、猫ちゃんにとっての1年は人間の4~5倍にあたるとも言われています。

寿命グラフ

ではペット高齢化の背景にはどんなことがあるのでしょうか。

  • 飼育の質の向上

まず高齢化の要因の一つとして飼育の質の向上が考えられます。
私たち人間も生活の質の向上がとともに高齢化が進んだように、プレミアムペットフードのような非常に栄養価の高い食事や昔に比べてストレスの掛からない生活がペットの寿命を延ばしたと考えられます。
またインターネットやスマホなどにより、飼育に関する質の高い情報がすぐ入手できることも長寿化に寄与していると思われます。
特に犬や猫の人気があるメジャーな種は多くの情報が豊富に揃っており、それらの情報により質の高い飼育ができることはとても大きな要因と考えられています。

  • 動物医療の発達

次に考えられる長寿命化の要因は動物医療の発達です。
ペットの家族化に伴い、ペットに対して人間と同レベルの診断を受けさせたいという飼い主さんが増えてきています。
CTやMRIといった高度な医療技術が動物病院にも導入され始めているのが現状です。
まだペットの医療費は高価なこともありますが、ペット保険の加入率の増加やペットの高齢化による疾病の多様化等が起因して、高度医療に注力する病院が今後増える可能性は高いと考えられます。

  • 環境の改善

3つ目の高齢化の要因といてはペットにまつわる環境の大幅な改善があげられます。
ペット産業全体が盛り上がり、あらゆるサービスが普及していくことでペットが過ごしやすい環境が整ってきています。
ペットと飼い主さんが快適に過ごせるように設計された「ペット共生マンション」のようなインフラの整備から、旅行等の際にペットを預けたい人と引き受ける人をマッチングする「DogHuggy」のような新興サービスの登場など様々な環境改善が行われています。
今後も新しいサービスや環境改善が行われる方向に進んでいくと思われます。

ペットの高齢化から生まれる問題点

まず高齢になったペットの問題として「病気の多様化」があります。
人間の高齢化に伴い、がんや認知症などの病気が増加しているように、ワンちゃんや猫ちゃんの病気も、寿命が長くなるにつれて多様化してきています。
したがって、そのような疾患を予防・早期発見する仕組みを作り、実際に発見された疾患を治療する医療技術を開発することが課題となります。

また、ペットが高齢になると飼い主さんに発生する問題として老老問題があります。
人間の高齢化やペットの高齢化に伴い、高齢飼い主さん×高齢ペットの多くの状況が生み出されると考えられます。
ペットの世話には多少の努力が必要であり、高齢ペットの世話をするときはさらに苦労が増えていきます。
したがって、このような状況が続くと、高齢飼い主さんの飼育放棄が増える可能性があります。
あるいは飼い主さんよりもペットの寿命が長いと、ペットだけが1頭取り残されるケースも増えることも考えらえます。

これらの問題に対処する手段として、現在、すでに「老犬ホーム」や「ペット可サービス付き高齢者向け住宅」、ペット信託といった新たな施設・サービスが現れています。
老犬ホームは、引取りを断られやすい老犬を安心して預けることができるため、自身が高齢であることを理由に飼育を断念してしまう人にも嬉しいサービスです。
ペット可サ高住は、ペットと過ごしやすい住居/施設に高齢者自らに入居してもらうことで、安心してペットと暮らせるようなサービスを提供しています。
これによって、取り残されたペットが保健所に引き渡されることを防ぎ、殺処分の減少になると思われます。

高齢ペットとシルバー世代

高齢ペットとシルバー世代

ペットと暮らすことは、私たちの日常生活を幸せにし、彩りを与えてくれます。ペットの世話が生きがいになったり、ペットについての会話で話題も弾みます。
ただペットも飼い主さんも歳を重ねると体力や生活習慣が変わっていきます。
シルバー世代の飼い主さんと高齢ペットがともに幸せに暮らせるように、日頃から備えておくことが大切です。

今どきのペットの飼い方

昔と今では、ペットの飼い方の常識も変わってきています。昔の猫ちゃんは外出自由な飼い方が当たり前でしたが、今では外に出さないで飼うことが基本になってます。
ワンちゃんの鳴き声や散歩での糞や尿の始末をせずに放置していくこともご近所トラブルの原因になります。

ワンちゃんに関しては、毎日の散歩やしつけが重要です。犬種によって大きさ・特性・性格、必要な運動量が異なるので、将来の自身の体力などを念頭に置いて飼う時は選択しましょう。
飼い主には市区町村への飼い犬の登録と毎年の狂犬病予防注射等が法律で義務づけられています。

シルバー世代には成犬や成猫から飼うという選択肢もあります。おとなの犬や猫は、大きさや性格がある程度分かっているという利点があります。
保護施設からの譲渡には年齢制限等の条件もありますが、シルバー世代に合う犬や猫の紹介や、トライアル期間、飼い方のアドバイス等も行っていますので、選択肢のひとつとして考える価値はあります。

猫ちゃんは室内で飼うことが基本です。上下運動できるスペースや落ち着ける場所の確保など、猫ちゃん本来の習性や行動に応じた環境づくりに配慮することが大切です。
毎日のフードや水だけでなく、こまめなトイレの片づけや部屋の掃除も怠らないようにしましょう。不衛生な環境はノミやマダニの原因にもなります。
また猫ちゃんは繁殖力が強いので、必ず不妊去勢手術をしましょう。
動物は本能で繁殖します。親子やきょうだい間でも子どもを作ります。特に猫ちゃんは、1 頭のメス猫が 1 年に3回出産できるので、1年後には 20 頭に、2年で 80 頭以上に増えてしまうこともあります。
2~3頭なら大丈夫と思って不妊去勢手術をしないでいたら、1~2年で家じゅうが猫だらけ、という状況も珍しくないのです。

ペットの費用と平均寿命

ペットを飼うときは「ペットの世話に毎日時間をかけられるか?」「ペットを飼える住まいか?」「世話をする体力や、飼い続けるお金はあるか?」等を考えて選択することが大切です。

またペット(犬及び猫)を飼うときの目安として、1ケ月当たりの平均支出金額や平均寿命は次のとおりです。

ペットの費用と平均寿命
  • 犬の1ヶ月あたりの平均支出金額:10,368 円
  • 犬の平均寿命:14.29 歳
  • 猫の1ヶ月あたりの平均支出金額:6,236 円
  • 猫の平均寿命:15.32 歳

ペットと健康に過ごすために

  • 食事

動物の種類や年齢、健康状態にあった適切なフード、新鮮な水を与えましょう。

  • 住まい

動物が快適に過ごせるよう、清潔で、安全な飼養場所を用意しましょう。

  • 獣医療

日頃から病気の予防を心がけ、健康状態をチェックしましょう。

  • しつけ/マナー

ふんや尿の処理は責任を持って行いましょう。
鳴き声や吠え声、臭いなど近隣の迷惑にならないようにしましょう。
屋外に犬を連れて行くときは、リードをつけましょう。
身元を示す迷子札やマイクロチップを入れましょう。
預かりや介護、災害に備えて、他人にさわられることや、室内(ペットシーツ等)での排泄になれさせておきましょう。

ペットの病気と予防

人と動物には共通の病気があり、動物からうつることも、人から動物にうつすこともあります。
シルバー世代は持病を持っていたり、免疫力や体力が落ちて病気が重くなりがちなので、特に気を付ける必要があります。

  • 過度なふれあいは控えましょう。
  • 動物にさわったら、必ず手洗い等をしましょう。
  • ペットの身の回りは清潔にしましょう。
  • ふんや尿は速やかに処理しましょう。
  • 体に不調を感じたら、早めに医療機関を受診しましょう。
  • ペットの健康状態に注意しましょう。

高齢ペットのケア

高齢ペットのケア

ペットも高齢になれば身体も弱り病気にもかかりやすくなります。
嗅覚も衰えてくるので、臭いの強いペットフードにするなど、食欲を維持する工夫が必要になってきます。
歯みがきで口の中を清潔に保ったりするデンタルケア、適度な運動も忘れずに、小さな変化を見逃さないよう心がけましょう。
また、気温や生活環境の変化で体調を崩しやすくなるので注意が必要です。

犬・猫の老化のサイン

■顔まわり

  • 目が白く濁ってくる。
  • 耳が遠くなる。

■体

  • 毛づやが衰える。
  • 抜け毛が増える。
  • 白髪が目立ってくる。
  • 足腰が細くなる。

■行動

  • 反応が鈍くなる。
  • 運動量が減る。
  • トイレをうまく使えなくなる。
  • 段差でつまずく。
  • 高いところに飛び上がれなくなる。
  • 寝ている時間が長くなる。

ペットの介護とみとり

ほとんどのペットは人よりも早く歳をとります。別れはとてもつらく悲しいですが、ペットにとっては飼い主さんの愛情が全てです。
最期までみとるのは飼い主の最後の愛情と責任です。

■介護

ペットの介護は飼い主にとって重要な問題です。
一人で抱え込まず、家族と協力したり、かかりつけの動物病院に相談し、無理なく続けられる方法で向き合いましょう。

■終末期医療(ターミナルケア)

終末期医療とは、末期患者の延命を目的とするものではなく、苦痛をなくし生活の質を向上させる医療のことです。
ペットの獣医療は日々進化し、終末期にどこまでどのような獣医療を行うかを考えておく時代になってきていると言えます。
かかりつけの獣医師とよく話し合い、ペットがその子らしく残りの時間を過ごせる方法を考えてあげることが重要です。

■ペットロス

愛するペットを失ったことを悲しむのは決して特別なことではありません。
悲しい気持ちを友人などにきいてもらったり、お別れのセレモニーを行うなど、悲しみを十分に吐き出すようにすることが大切です。

人間の年齢に換算

参照:環境省 動物の愛護と適切な管理

高齢ペットがなりやすい病気の治療薬

ペットくすりでは、高齢ペットがなりやすい病気の治療薬などについてご紹介しています。

ガン ・ 悪性腫瘍

高齢ペットの死因で最も多いのが癌です。また、肥満細胞腫はペットの悪性の中で最も多い癌です。
腫瘍の進行を遅らせる効果のある薬剤をご紹介します。

イマチブ100mg10錠

イマチブ100mg10錠

犬の肥満細胞腫と消化管間質腫瘍への作用が期待されている分子標的薬!従来の抗がん剤に比べ、副作用が少なく安全性の高いお薬です。グリベック(ノバルティスファーマ)のジェネリック抗がん剤になります。

心臓の病気

愛犬の心臓病とは、心臓の機能が低下してしまうことです。心臓病は、心不全やフィラニア症などありますが、犬にとって一番多い心臓病に僧帽弁閉鎖不全症があります。
高齢ペットの循環器系の病気では、心疾患が最も多いです。心疾患の治療薬について、紹介します。

セーフハートチュアブル30錠 5mg

セーフハートチュアブル30錠 5mg

愛犬のうっ血性心不全に処方されるベトメディンと全く同じ成分のジェネリック薬で、効果も全く変わらない心臓薬です。有効成分のピモベンダンが心臓の筋収縮に対する効果と血管をバランス良く拡張する2種類の効果を発揮します。

フォルテコール2.5mg28錠

フォルテコール2.5mg28錠

ワンちゃんの慢性心不全による高血圧を緩和し、猫ちゃんの慢性腎臓病に伴うタンパク尿の軽減にも効果があるACE阻害剤です。長期投与した場合も安全性が確認されています。

ユニコンチンE400mg120錠

ユニコンチンE400mg120錠

息切れ、喘息、胸の圧迫感を改善します!気道を広げ、咳や呼吸を楽にします。テオフィリンが主成分の気管支拡張薬になります。比較的に副作用が少なく、長期服用も可能なお薬です。元々人間用のお薬ですが、犬や猫用としても使われています。

ダイトール10mg75錠

ダイトール10mg75錠

犬猫のうっ血性心不全や全身性浮腫などに使用されるループ利尿薬!ルプラックのジェネリック医薬品!電解質異常を起こしにくく、安全性の高いお薬です。

泌尿器系の病気

高齢ペットにかかりやすい泌尿器系の病気については、慢性腎不全、膀胱炎、腎結石が最も多くみられます。それぞれの病気の症状や予防・治療薬について、紹介します。

リクセン錠300mg

リクセン錠300mg

ワンちゃんや猫ちゃんの細菌感染による皮膚炎や膀胱炎、呼吸器の感染症などに効果がある抗生物質です。有効成分セファレキシン300mg含有です。

バセトシンジェネリックノバモックス

バセトシンジェネリックノバモックス

ペニシリン系の抗生物質です。皮膚の傷から、歯の化膿、膀胱の感染まで幅広く作用します。日本ではサワシリンやバセトシンという名前で、売られています。

リーナルプロ

リーナルプロ

ワンちゃんや猫ちゃんの腎機能をサポートする栄養サプリメントです。毎日、リーナルプロを食事に混ぜるだけなので、投与は簡単です!

甲状腺の病気

内分泌系の中では、甲状腺機能障害は最も多い病気です。
甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる「甲状腺機能亢進症」と、分泌量が少なくなる「甲状腺機能低下症」。
高齢ペットの場合、ほとんどの場合が「甲状腺機能低下症」だといわれています。

チロノーム(チロキシンナトリウム)125mcg120錠

チロノーム(チロキシンナトリウム)125mcg120錠

甲状腺機能低下症の動物には甲状腺ホルモンの補充療法が不可欠です。チロノームは甲状腺ホルモン製剤で、この補充療法に最も重要な治療を担います。

レボチロキシン100mcg

レボチロキシン100mcg

人の甲状腺機能低下症やクレチン病などで使用されるチラージンと同じ甲状腺ホルモン製剤で、犬で多い甲状腺機能低下症にも使用できます。日本で発売されているチラージンと同じ甲状腺ホルモンのお薬です。

メチメズ10mg30錠

メチメズ10mg30錠

甲状腺機能亢進症に効果がある甲状腺ホルモンの調整薬です。甲状腺ホルモンの量を正常化させ、猫ちゃんの体調を整えます。

関節の病気

高齢ペットにかかりやすい関節炎、椎間板ヘルニアについて、予防サプリ・治療薬を紹介します。

セファレキシン150錠

セファレキシン150錠

マラセチア、泌尿器系、呼吸器、骨、関節など広範囲に使用できる治療薬。犬猫兼用。バクテリアから患部を守ります!

カロダイル75mg60錠

カロダイル75mg60錠

カロダイル75㎎は非ステロイド性抗炎症薬です。関節炎の犬の鎮痛・消炎、解熱作用も併せ持つ薬です。犬の関節炎の鎮痛薬で有名な「リマダイル」のジェネリック医薬品です。

メタフラムオーラルサスペンション1.5mg15ml

メタフラムオーラルサスペンション1.5mg15ml

メタカムのジェネリックなので、同成分なのにお手頃価格!付属のスポイトで投与するため、投与が簡単!急性・慢性どちらの関節炎にたいしても鎮痛効果を発揮します。

目・耳の病気

高齢ペットにかかりやすい感覚系の病気については、ドライアイ、白内障、緑内障、外耳炎、中耳炎が最も多くみられます。それぞれの病気の症状や予防・治療薬について、紹介します。

キャンC(白内障治療薬)

キャンC(白内障治療薬)

眼球の手術が難しいペットに有効な目薬です。毎日点眼するだけで、曇っていた瞳に光の兆しが見えてきます。人間のような手術が簡単にできないペットでも、ストレスが少ないキャンCを点眼すれば白内障の進行を遅らせたり、改善も期待できます。

トロイイヤードロップス

トロイイヤードロップス

犬猫の耳ダニ、外耳炎、かゆみに用いられる薬。1日2回使うだけで簡単ケア!即効性の局所麻酔薬の成分が入っているため、痛みを和らげます。サラッとした液体タイプなのでべたつきません。

ヴィジョケア

ヴィジョケア

乾性角結膜炎(ドライアイ)の治療に使用する眼軟膏。免疫抑制剤の「シクロスポリン」を含有する先発薬「オプティミューン」のジェネリックです。

以上、ペットくすりマスターが高齢ペットがなりやすい病気の症状別にペットくすりで取り扱っているおススメのお薬をご紹介させていただきました。
高齢になったワンちゃんや猫ちゃんのために、適切な処置を心がけたいですね。

その他、高齢ペットがなりやすい病気に関するお薬についてはコチラからご覧ください。

ペットくすりでのお得な高齢ペットがなりやすい病気のお薬の購入方法

■「ペットくすり」の最安値クーポンを配布します

ペットくすりでお得に高齢ペットがなりやすい病気のお薬を購入しましょう!高齢ペット用商品を購入する際は、以下の方法で最安値でお求めください!

まず、ペットくすりで初めてお買い物をする方は、無料会員登録とペット情報を登録することで、トータル700ポイントをゲットしてください。
この700ポイントは、すぐに700円分の割引として利用することが出来ます。

さらに購入時に以下の最安値クーポンコードを入力してください。

■ 購入価格がトータル6,000円以下の場合
クーポンコード【 300jpy 】 300円OFF

■ 購入価格がトータル6,000円以上の場合
クーポンコード【 petmovie 】 5%OFF

上記記コードをコピーし、購入時に入力ください。
詳しくは商品箇所をご参照下さい。

※ご利用期間:有効期限無期限
※他のクーポンコードとの併用はできません。

また、以下の記事を参照頂いて、高齢なワンちゃん、猫ちゃんがなりやすい病気のお薬ををお得に入手してみてください。
ワンちゃんや猫ちゃんが病気にならないようにいつも高齢ケアを心掛けて楽しいペットライフをお送りください!

まとめ

  • 飼育の質の向上や動物医療の発達によりペットの高齢化が近年大幅に進んでおり、それに伴い様々な問題点が増加している
  • 人間の高齢化も進んでいる昨今、シルバー世代が高齢ペットと楽しく過ごすために状況を理解し様々な要因を知っておくことが大切
  • ペットくすりではガン ・ 悪性腫瘍、心臓の病気、泌尿器系の病気など高齢ペットがなりやすい病気関連のお薬を多く取り扱っている

関連記事

ペットくすり最新クーポンコード・セール・キャンペーン情報
ペットくすり 2020年最新クーポン・クーポンコード情報です
ペットくすりはペット医薬品の通販のサイトではありません
ペットくすりのナツコさんはメルマガ担当の人気スタッフです
ペットくすりお得に会員登録しよう
ペットくすりで買い物をする時に知っておくべき3つのポイント
ペットくすりのポイントシステムはこんなにすごい!
ペットくすり 2020年最新セール情報です
ペットくすり 2020年最新キャンペーン情報です
タイトルとURLをコピーしました