愛犬のフィラリア予防薬。これ使ってれば間違いなし!

愛犬のフィラリア予防薬。これ使ってれば間違いなし!

愛犬や愛猫に寄生するさまざまな寄生虫がいますが、生命を脅かす最も有名な寄生虫は、フィラリアです。
フィラリアに感染することにより、様々な症状が発現し、最終的には治療不可能な状態になります。
愛犬や愛猫がこの状態になるのを防ぐには、フィラリアの適切な予防が不可欠です。

ここでは、フィラリアに対するさまざまな予防方法とフィラリアの予防に関する疑問について解決していきます。
ここで、フィラリアとフィラリア予防薬について調べて、愛するペットに最適なフィラリアの予防法を入手してください!

今さらだけどフィラリア症ってなに?

今さらだけどフィラリア症ってなに?

フィラリア感染後に発症するフィラリア症がいかに恐ろしいかを理解することは、フィラリア予防の必要性を理解するのに役立ちます。
そこで、まずはフィラリアに感染して発症するフィラリア症を紹介します。

フィラリアの感染経路は蚊がポイントです

フィラリア症の原因はフィラリアと呼ばれる寄生虫です。
フィラリアが生まれたとき、わずか0.3mmという非常に小さな状態でミクロフィラリアと呼ばれています。

そのような小さなミクロフィラリアが宿主である犬などに寄生すると、それは約半年で成虫に成長し、オスでは17cm、メスでは28cmのサイズに成長します。

フィラリアの感染経路は、フィラリアに感染した犬や猫から感染していない犬や猫ということになります。
ただし、感染した犬と猫と感染していない犬と猫が接触しても、感染するとは限りません。

蚊が媒介となってフィラリアに感染した犬や猫から感染していない犬や猫へフィラリアが寄生します。

フィラリア感染サイクルでは、成虫はフィラリアに感染した犬の体内でミクロフィラリアを産生します。

生まれたミクロフィラリアは犬の血管を通り、媒介である蚊に吸われる機会を求めます。

次に、感染した犬が蚊に吸われると、ミクロフィラリアが血液とともに蚊の体内に移動します。

蚊の体内に入ったミクロフィラリアは成長し、幼虫になります。
幼虫が蚊の内部で幼虫に成長すると、蚊の針に移動し、蚊が感染していない犬や猫の血を吸うのを待ちます。

そして、感染していない犬や猫の血を吸うタイミングで、犬や猫の体内に入ります。

その後、犬や猫に寄生している犬糸状虫の幼虫は数ヶ月成長し、血管に沿って移動し、寄生の最終目的地である右心室から肺動脈へと移動します。
その後、成長したフィラリアがミクロフィラリアを産出するというサイクルです。

日本には、フィラリア感染症を媒介する蚊が16種類いると言われています。

昼間活動する蚊であるヒトスジシマカや夜間活動する蚊であるアカイエカは、フィラリアを媒介します。
そのため、昼夜を問わず、フィラリア対策が必要です。

また、水たまりや住宅地によく生息するヒトスジシマカ、アカイエカ、ビルや地下排水所に生息するチカイエカなど、これらの蚊は生息地が広いため、どこの地域だから安全といったこともありません。

フィラリアの感染経路は蚊がポイントです

フィラリア症はどんな症状が起きるのか

フィラリアによって引き起こされるフィラリア症の症状はどんなものでしょうか?
フィラリアに感染すると発症する症状は次の2種類に分類できます。

●慢性犬糸状虫症
・疲れやすい
・散歩などの運動が嫌がる
・咳乾燥
・呼吸困難
・腹水
・喀血

上記の症状はすべて、フィラリアが寄生し、成虫に成長した後に現れます。

●大静脈症候群
・尿が赤くなる
・呼吸困難
・貧血
・元気がなくなる

上記症状は、心臓右心室や肺動脈に寄生することによって発症します。

上記の症状に加えて、多数のフィラリアの寄生により、血管がフィラリアによって完全に詰まる可能性があります。
その場合、血流が停止し、突然死などの最悪の結果を招く場合があります。

症状が現れた後、駆虫剤を使用してフィラリアを駆除することは不可能ではありません。

しかし、フィラリアの数が多い場合、駆虫薬で駆虫しても、フィラリアの死骸が血流を阻害することがあります。

先に説明したように、血管が詰まると突然死につながり、フィラリアの数が多いと心臓手術による治療が必要になります。

手術は駆虫薬で駆除するよりもはるかに費用がかかります。
また、ペットの体への負担も大きくなります。

体への負担が大きいため、ペットの年齢や体力によっては手術ができないと判断される場合があります。

そのような判断がなされた場合、飼い主は愛犬がフィラリアに寄生されていても寄生虫を駆除できないだけで、予後を見守ることしかできません。

フィラリア症は、発症しても治療できる場合がありますが、治療されない場合があるため、感染後に治療するよりも、フィラリア症の発症を防ぐことが最も重要です。

フィラリア症は、予防薬を使用することで100%予防できます。

したがって、ペットを飼うことでフィラリア症が発生したということは、飼い主が予防できなかったことを意味するので、飼い主の責任であると言っても過言ではありません。

教えて、フィラリア予防薬の種類とメリット、デメリット

教えて、フィラリア予防薬の種類とメリット、デメリット

フィラリア症を予防するためのフィラリア症予防薬の種類は非常に豊富です。

また、安全性の高い予防薬や有効成分が数多く研究開発されているため、フィラリア予防自体のリスクは極めて低いです。

フィラリア予防薬は、投与が容易で副作用が少なく、フィラリアの予防だけでなくノミの予防にも有効です。

ここでは、フィラリア予防薬の投与法別の各方法の特徴、メリット、デメリットを紹介します。

注射タイプのフィラリア予防薬

注射タイプのフィラリア予防薬

フィラリア予防薬のなかでも比較的新しいものは注射で予防できるものです。
この方法は基本的に動物病院で行われます。

最も重要な特徴は、効果期間の長さです。
使用する予防薬にもよりますが、1回の注射で約1年間のフィラリア感染を防ぐことができます。

したがって、投与のタイミングとしては、フィラリア感染の媒介である蚊を活動前に注射し、その翌年に再度注射して予防効果を回復させることができます。
1年に1回投与するだけでよいので、複数回投与する必要がなく、飼い主の負担も少ないのが特徴です。

☆注射型のメリット
注射のメリットは、有効期間が長いことです。
1回の注射で1年間はフィラリアを防げるので、1年に1回だけ服用する必要があります。
そのため、何度も動物病院に行く必要がなく、飼い主の負担も少ない。

★注射型のデメリット
欠点は、注射は成犬のみが使用でき、子犬や成長中の犬は注射では防ぐことができないことです。
また、注射型予防薬は注射後のフィラリアの感染を防ぐことができますが、注射前に虫が体に侵入している場合は取り除くことができません。
すでに感染している場合は、フィラリア症を発症するリスクがあります。
したがって、注射によるフィラリアの予防は初めて、注射を行う年の春からフィラリアを防ぎ、フィラリアに感染していないことを確認する必要があります。
フィラリアを予防するコストは、他の予防薬を使用するよりも少し高くなります。
注射型予防薬の種類によっては副作用が発生しやすく、副作用による死亡例が報告されることがあります。
したがって、一部の動物病院では、注射によるフィラリアの予防は行われていません。

飲み薬(チュアブル・錠剤)タイプのフィラリア予防薬

飲み薬(チュアブル・錠剤)タイプのフィラリア予防薬

フィラリア予防薬の中で最もよく使われているのは飲み薬タイプです。
飲み薬タイプは、さらに、タブレットタイプとチュアブルタイプの2種類に分類できます。
タブレットタイプは人間が服用する薬のような純粋な予防薬タイプであり、チュアブルタイプはペットが好きな味のあるおやつのようなタイプです。 ..

飲み薬タイプ型フィラリア予防薬の効果は1ヶ月です。

したがって、基本的には、フィラリアの媒介となる蚊の活動の約2ヶ月前に投与を開始し、蚊の活動が終了する冬に投与を終了する必要があります。

実際の投与期間は4月から12月の7〜8回投与するため、投与ごとにペットを動物病院に連れて行き、フィラリア予防薬を購入する必要があります。

☆飲み薬タイプのメリット
フィラリアを防ぐ飲み薬タイプにはいくつかの利点があります。
市販薬の中でもタブレットタイプは低価格が特徴です。
チュアブルタイプは、ペットが好むような味がするので、タブレットが苦手な犬や猫でも、一人で食べられるという特徴があります。
チュアブルタイプであれば、そのままおやつにしても食品に混ぜても、ペットに不快感を与えることなくフィラリアを防げるので、飼い主にとっても簡単であるという利点があります。

★飲み薬タイプのデメリット
飲み薬タイプのフィラリア予防薬のデメリットとしては、錠剤が苦手なペットは少なくないため投与が他のタイプに比べると大変という点です。
特に錠剤タイプの場合は、一度飲んだと思っても後で隠れて吐き出している場合もあるため、投与後の観察が必要になるケースもあります。
そうして、吐き出した場合、錠剤を見つけることができればよいですが、隠れて吐き出してしまうような場合、フィラリア予防薬を投与しているのに実は投与できておらず、フィラリアに感染してしまっているという場合もあります。
チュアブルタイプは投与が錠剤タイプに比べ簡単ではあるものの、フレーバーがついている分、価格面が若干高くなります。
また、フレーバーがついていても好まない場合があるため、チュアブルタイプでも投与が難しいケースもあります。

◎飲み薬タイプのフィラリア予防薬の例
・ストロングハートプラス
・ハートガードプラス
・ネクスガードスペクトラ

スポットオンタイプのフィラリア予防薬

スポットオンタイプのフィラリア予防薬

スポットオンタイプのフィラリア予防薬は、飲み薬タイプのフィラリア予防薬の服用が苦手なペットにも使いやすいです。
スポットオンタイプは、スポイト型の容器に予防薬の薬液を直接犬や猫の皮膚に滴下することで、フィラリアを防ぎます。

飲み薬タイプとは異なり、薬を直接体に滴下するだけなので、投与時間が最短です。
スポットオンタイプの予防効果は投与後1ヶ月ですので、有効期間、投与期間は飲み込みタイプと同じです。

蚊の活動が始まる2ヶ月前の4月から、活動が止まる11月から12月まで、月に1回、合計7〜8回の接種が必要です。

☆スポットオンタイプのメリット
直接皮膚に滴下することでフィラリアを防げるので、薬の服用が苦手なペットにもお使いいただけます。
ノミやダニに対しても多くの予防剤が効いているのが特徴です。
また、飲み薬タイプに比べ、猫に使用できるフィラリア予防薬が多いのも特徴です。
フィラリアと一緒にペットに脅威を与える傾向があるノミやダニを効果的に防ぐことができるため、飼い主の中にはノミやダニの予防とフィラリアの予防をスポットオン型の予防薬と組み合わせます。

★スポットオンタイプのデメリット
スポットオンタイプの欠点は、コストが高いことです。
飲み薬タイプより約20%高い場合があります。
投与後、予防薬が全身に浸透して乾くまで、飼い主はペットに触れることができません。
また、ペットがなめないように注意したり、投与直後にシャンプーできないなどのデメリットもあります。
ただし、シャンプーなどを事前に済ませておけば、上記の問題は解消されます。

◎スポットオンタイプのフィラリア予防薬の例
・レボリューション
・ストロングホールドプラス
・ブロードライン

こんなに違う!動物病院と通販とのフィラリア予防薬の価格

こんなに違う!動物病院と通販とのフィラリア予防薬の価格

フィラリア予防薬でフィラリアを予防するために必要な費用は、フィラリア予防薬の種類や病院を利用するか通販を利用するかによって異なります。

ここから、実際に病院でフィラリアの予防を行う場合と、通販でフィラリア予防薬を購入する場合に必要な予防薬の価格を比較します。

注射タイプの場合

フィラリア予防のための注射価格は、使用する動物病院によって大きく異なります。
動物病院によって費用は違うのですが、平均すると5,000円~10,000円を必要とする場合が多いと思われます。
したがって、動物病院で注射で予防する場合は、事前に費用を確認しておくことでトラブルを回避できます。
もちろん、注射タイプの場合は通販での入手は不可能です。

飲み薬タイプの場合

飲み薬タイプのフィラリア予防薬の病院で処方されるの平均費用は1回あたりに約1,000円程度だと思われます。
通販を利用すれば、6錠入りのパッケージで約3,000円、1錠換算では500円以下で病院の半額以下で購入できます。
1年で7〜8回投与することを考えると、通販で購入する場合は、年間で3,500〜4,000円で購入する方がお得になります。

スポットオンタイプの場合

病院でスポットオン型のフィラリア予防薬を手に入れるのにかかる平均費用は1回あたりに約1,900円でした。
通販の場合、通販で買うと約1,230円(35%)で安くなります。
1回あたりの費用の差は670円とそれほど大きくありませんが、年に7〜8回の投与が必要であることを考えると、年間4,700〜5,400円程度通販で購入した方がお得です。

通販で飲み薬タイプとスポットオンタイプの両方を購入する場合、飼い主がそれらすべてを管理する必要があります。

その結果、病院で処方される場合よりも通販の方が大幅にコスト負担を軽減できるメリットがありました。
また、病院で投与する場合は、上記の薬費に加えて、検診・検査費用がかかるため、上記よりさらに価格差が大きくなります。

ただし、動物病院は獣医学の専門職である獣医さんが対面で見てくれるので、予防薬の説明を聞いたり、ミクロフィラリア感染症の検査を受けたり出来るので、初めてフィラリアを予防したい場合は動物病院で診察を受けるのが安心です。

愛犬別おすすめフィラリア予防薬

愛犬別おすすめフィラリア予防薬

フィラリア予防は、単純にどんな種類のフィラリア予防薬を与えられたどの犬にも効くわけではありません。
体重によって予防薬の投与量が異なりますので、品種や体重に適したフィラリア予防薬をご紹介します。

大型犬用(22.7-45.3Kg)のフィラリア予防薬

【主な犬種:秋田犬、グレートピレニーズ、シベリアンハスキー、ゴールデンレトリバー】

★ストロングハートプラス・チュアブル

世界トップのフィラリア症予防薬ブランド「カルドメック(ハートガードプラス)」のジェネリックです。ペットくすりで不動の人気No,1フィラリア症予防薬です。ひと月1錠の投薬でフィラリア症を予防できます。

ストロングハートプラス・チュアブル 大型犬用

ストロングハートプラス・チュアブル 大型犬用の口コミ

★ネクスガードスペクトラ

フィラリアだけでなく、ノミダニの駆除や予防にも効果があるのがネクスガードスペクトラです。価格面ではフィラリア予防だけのものに比べて高くなる分、ノミダニ駆除や予防を同時に行えます。

ネクスガードスペクトラの口コミ・レビュー

中型犬用(11.4-22.6Kg)のフィラリア予防薬

【主な犬種:ビーグル、ブルドッグ、ボーダーコリー、ダックスフンド、シュナウザー】

★ハートガードプラス(カルドメック)

牛肉フレーバーが付いたチュアブルタイプのフィラリア予防薬です。日本国内で販売されているカルドメックと同じ製品の名称違いであるため、カルドメックを使っている人はそのまま同じ使い方が可能です。

ハートガードプラス(カルドメックチュアブル)中型犬用

ハートガードプラス(カルドメック)の口コミ・レビュー

★ストロングホールド

フィラリア・ノミダニの予防を同時に行う商品として人気のレボリューションのヨーロッパ版です。中身は全く同じです。6本入りでお得です。便利なスポットオンタイプなので、経口薬が苦手なペットに最適です。

ストロングホールド中型犬用

ストロングホールドの口コミ・レビュー

小型犬用(5.7-11.3Kg)のフィラリア予防薬

【主な犬種:シーズー、パグ、柴犬、ミニチュアシュナウザー、ボストンテリア、ペキニーズ】

★ストロングハートプラス・チュアブル

世界トップのフィラリア症予防薬ブランド「カルドメック(ハートガードプラス)」のジェネリックです。ペットくすりで不動の人気No,1フィラリア症予防薬です。ひと月1錠の投薬でフィラリア症を予防できます。

ストロングハートプラス・チュアブル 小型犬用

ストロングハートプラス・チュアブル 小型犬用の口コミ

★キウォフハート

チュアブルタイプのフィラリア予防薬です。ハートガードプラスのジェネリックであり安価で購入できるのが特徴です。ミート風味がついているので、錠剤が苦手な子でも食いつきが良くなっています。

キウォフハート小型犬用

キウォフハートの口コミ・レビュー

超小型犬用(2.6-5.6Kg)のフィラリア予防薬

【主な犬種:パピヨン、ヨークシャーテリア、マルチーズ、ポメラニアン、マメシバ、チワワ、トイプードル】

★ネクスガードスペクトラ

ノミやダニに対しても駆除効果があるフィラリア予防薬です。ソフトチュアブルタイプとなっており、犬が好む食感となっており、食いつきが良いため簡単に投与できます。

ネクスガードスペクトラ超小型犬用

ネクスガードスペクトラの口コミ・レビューはこちら

★レボリューション

スポットオンタイプのフィラリア予防薬です。スポットオンタイプであるため、ノミやダニに対しても効果が期待できます。対象体重が40kgまでとなっているため、それ以上の大型犬には使えません。

レボリューションの口コミ・レビュー

愛犬の健康を守るために副作用には細心の注意を

愛犬の健康を守るために副作用には最新の注意を

フィラリアの予防は、犬と猫を飼うために不可欠です。
特に日本では、フィラリアを媒介する蚊が日本に生息し、昼夜を問わず活動しています。

フィラリア症は一度発症すると治療できない場合もありますが、適切に予防すれば100%感染を防ぐことができますので、必ず予防してください。

フィラリアの予防に必要な薬は病院やオンラインで手軽に入手でき、チュアブルタイプとスポットオンタイプで薬の投与も非常に簡単です。

初めてフィラリア予防薬を使用する場合は、通販ではなく病院を利用することが重要です。
これは、すでにミクロフィラリアに感染している場合、フィラリア予防薬がミクロフィラリアの死骸の体を詰まらせる可能性があるためです。

したがって、初めてフィラリア対策を講じる場合は、病院でミクロフィラリアの有無を医師に確認してから、フィラリア予防薬を服用する必要があります。

その後は、フィラリア予防薬をチュアブルまたはスポットワンスで月1回投与するだけで問題ありません。

現時点で使用されているフィラリア予防薬は、病院で投与されたものだけでなく、オンラインで購入されたものでも使えます。

フィラリアを効果的に予防するには、フィラリア予防薬の投与が不可欠ですが、副作用が生じる場合があります。

副作用が出た場合は、ただちに動物病院に受診してください。
また、フィラリア予防薬は月1回投与する必要があります。

また、薬の服用を忘れて、忘れた期間にフィラリアに感染してしまうケースもあります。

フィラリアに感染しても、すぐに診察を受けることが大切です。

フィラリアは、成虫になる前に体内から取り除くことができる場合があり、取り除くことが難しいため、1か月間服用し忘れた場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

ここで紹介しているように、フィラリアの予防薬にはいろいろな種類があります。

チュアブルタイプの苦手な愛犬や愛猫にはスポットオンタイプを、スポットオンタイプでは薬液を舐めとってしまうような愛犬や愛猫にはチュアブルタイプをといったように、それぞれの愛犬や愛猫に適したフィラリア予防薬を使うようにして、フィラリアから愛犬や愛猫を守るようにしましょう。

関連記事→ペットくすりとは?

関連記事→フィラリア症予防薬売上人気ランキング!

フィラリア
ペットくすりマスターをフォローする
ペットくすりマスター

こんにちは。このサイトを運営しているペットくすりマスターです。
犬猫はもちろん動物なら何でもこよなく愛するペット大好き人間です。
これまで、数十匹の愛犬、愛猫の飼育経験あり。
もちろん今も可愛いワンちゃんとネコちゃんと生活しています。

ペットくすりマスターをフォローする
ペットくすりWEB

コメント

  1. […] 関連記事→愛犬のフィラリア予防薬。これ使ってれば間違いなし!関連記事→ペットのフィラリア症予防薬はペットくすりがいい!関連記事→愛犬のフィラリア症の症状に気付いていま […]

タイトルとURLをコピーしました