ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する前に必ずチェック

ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する前に必ずチェック

ペット医薬品の個人輸入について

ペット医薬品の個人輸入について

近年、動物医学の高度化、ペットフードの品質向上、犬猫の室内飼育の増加などにより、ペットの余命は大幅に伸びています。
また、ペットの飼育やペット事業の多様化などにより、ペット一匹あたりの消費量は増加傾向にあります。

特に、寄生虫の予防や老化に伴う慢性疾患の負担は、家族にとっては重要であるにもかかわらず、負担が大きい飼い主も少なくありません。

人間とは異なり、動物用医薬品は国が規定する医薬品の価格がなく、病院が価格を自由に設定できるため、高価になる傾向があります。
これまで動物病院でペット用医薬品を処方するというのは常識でしたが、インターネットが発達し、海外から動物病院と同じ医薬品を安価で個人輸入する動きが広まっています。

しかしながら、税関等の問題により、個人としてペット用医薬品を輸入する過程で一歩を踏み出すことはかなりハードルが高いのが事実です。

ペット医薬品の個人輸入は違法?

ペット医薬品の個人輸入は違法?

日本ではペット用医薬品を購入する唯一の方法は、動物病院で処方されることです。

基本的に保険は適用外となりますので、薬によっては高価なものもあります。
近年、ペット専用のの医療保険がありますが、犬に必須のフィラリア予防薬などは対象外で、しかも病気になった場合は加入できません。

一方、海外の事情は異なり、日本で販売されていない医薬品でも、海外ではペットショップや薬局で販売されることが多いです。
これらの医薬品の一部は、日本では医薬品として承認されていないため、たとえ希望しても、国内の動物病院で処方してもらうことは不可能です。

ただし、「個人輸入」は、ペット用医薬品を規制する医薬品医療機器法で認められており、海外から日本への個人的な使用のみを目的として注文することができます。

簡単に言えば、個人輸入とは、個人が海外の店舗、企業、メーカーから医薬品を直接購入することを意味します。
日本で承認されている医薬品だけでなく、日本で規制されていない医薬品も購入できます。

ただし、メーカー等と直接連絡を取る場合は、基本的に外国語での連絡と輸入に特化した手続きが必要です。
これらの一般の人々が個別にそれを行うことは容易ではないでしょう。

そのため、現在、ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する方法が普及しつつあります。
インターネット上のサイトで、日本語で書かれているので、国内のオンラインショッピングと同じように商品を購入できます。
エージェントはユーザーが海外のメーカーから薬を購入するのを助けるだけであることを覚えておいてください。

日本では、厚生労働省農林水産省が医薬品医療機器法に基づくペット医薬品の承認と規則を制定しています。

海外医薬品の個別輸入についても規定があり、日本国内での認可がなくても、個人的な用途で、投与量の観点から2ヶ月分未満であれば購入可能です。
医薬品医療機器法に定められたルールを守れば、ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用した個人輸入も簡単に行えます。

ルールは、前述のとおり「個人使用のみ」「注文数は2ヶ月分未満」です。
これらのルールに従えば、問題なく医薬品を輸入することができます。

ただし、動物病院の処方箋のように1錠単位での購入はできません。
商品により異なりますが、ご購入の際は薬局で販売している商品と同様の箱単位となりますのでご了承ください。

また、個人輸入は本人が個人的に使用する場合に限り可能です。
ご注文時に会社やお店の名前をお持ちの場合、通関できない場合があります。
偽名やニックネームのある注文は税関を通過できないため、必ず個人名を指定してください。

このように、医薬品医療機器法に定められた基本的なルールを守ることで、誰でも簡単に動物用医薬品を個人に輸入することができます。

ペット医薬品の個人輸入メリットとデメリット

ペット医薬品の個人輸入メリットとデメリット

人間が怪我をしたり病気になったりしたとき、薬を処方する前に病院に行き、医者の診察を受けるのが一般的です。
それは、医師が診察し、診察することのみを許可する医療法によって義務付けられているためです。

そのような慣例のおかげで、患者は病院で処方された薬を自信を持って服用することができます。
また、日本では医療保険制度により、実際のお薬代の3割程度に抑えることができます。

ただし、ペットには人間のような公的保険制度はありません。
近年、ペットの医療保険がありますが、すべての獣医病院で利用できるわけではなく、加入率の面でもまだ珍しいです。

ペットのお薬代はすべて飼い主さんの負担となります。
また、飼い主の責任として、フィラリアやノミ・マダニの予防薬など、ペットの生涯を通じて服用しなければならない薬があり、経済的負担は大きいです。

一方、海外のペットのお薬事情にを見ると、意外と処方箋なしでペットショップやドラッグストアで安く売られています。

このような状況下、現在日本で普及している手法は、インターネットを利用して海外から個人的にペット医薬品を輸入する方法です。
これはあなたがペット医薬品を安く購入することを可能にし、忙しくてペットを動物病院に連れて行くことができない人にとって非常に便利な方法です。

しかし、ペット医薬品の個人輸入には問題もあります。

まず、獣医の診断なしで薬を手に入れることができるので、ペットに持病があり、すでに薬を飲んでいる場合、「飲み合わせ」の問題があります。

また、海外から注文した医薬品に添付されている説明書は海外の方を対象としているため、当然英語で書かれています。
ほとんどの場合、日本語の説明は含まれていません。

また、ペットの種類や体重によっては適切な服用量を守らないと健康に悪影響を及ぼすことがあります。

さらに素人は正規品と粗悪品を区別することができないため、粗悪品や健康を害するものが含まれたものが届くのではないのかと心配します。

また、お金のトラブルなどで困った場合は、外国語での対応も必要となり、なかなか手が出しづらいという問題もあります。

これらのリスクを減らす最初の方法は、動物病院で獣医師に診てもらい、診断を行い、薬を処方し、効果と副作用を確認することです。

そして、問題ないことを確認した上で、医師が処方したものと同じものを海外から個人的に輸入するのが比較的安全で安価な方法です。

また、お金のトラブルや粗悪品の可能性を減らすために、評判の良い個人輸入代行サービスを選択して使用するのが賢明です。

ペット医薬品の個人輸入の安全性および注意点

ペット医薬品の個人輸入の安全性および注意点

動物用医薬品の個人輸入は、飼い主がペット用医薬品を低価格で購入できる画期的なシステムです。
医師の処方箋がなくても薬が手に入るので、お金も節約でき、時間や手間なども省けます。

ただし、システムを使用するときに注意すべき点がいくつかあります。

注意事項がよくわからない場合は大きなトラブルになるかもしれません。
獣医薬を個人に輸入する際の注意点を必ず理解しましょう。

何よりもまず重要なのは、薬を徹底的に研究しなければならないということです。

薬には副作用と飲み合わせがあります。

個人輸入により、医師の診断や処方箋がなくても簡単に薬を購入できます。

ただし、薬の性状や適正量を確認せずに投与すると、予期せぬ副作用や重大な問題を引き起こす可能性があります。
所有者は医師によって診断されないため、所有者が薬を注意深く研究することが非常に重要です。
何か不安がある場合は、使用する前に医師に相談してください。

2つ目の注意点は、病気などの症状については自己決定する傾向があるということです。

病気には症状が似ていても異なる病気である可能性があります。
それでも、自分の判断で薬を選ぶ人はたくさんいます。

その結果、症状が改善または悪化してしまったという場合が多くあります。

病気の正確な名前がわからない場合は、自分で判断するのではなく、まず医師に相談してから、個人輸入を利用してください。

そして最後に、必ずユーザーの名前で購入してください。
医薬品医療機器法によれば、動物用医薬品の個人輸入は、個人が所有するペットの動物を使用する目的でのみ許可されています。

海外での医薬品は日本では承認・登録されていないため、日本国内での譲渡・販売はできません。

たとえば、インターネットが苦手な家族や友人の代理で購入し、受け取った商品を引き渡すことは禁止されています。
必ず使用者本人名義で使用者本人の住所に送付してください。

海外医薬品の個人輸入は上手に使えばとても便利な制度です。
これらの注意事項を守り、快適な個人輸入サービスをご利用ください。

ペット医薬品の処方箋は必要か?

ペット医薬品の処方箋は必要か?

人間とは異なり、動物病院では分業体制がないため、実際に処方箋を見る機会はありませんが、フィラリア薬などの注文が必要な薬剤や、抗生物質などの処方が必要な薬剤があります。
もちろん、これらは医師の処方箋なしでは購入できない薬です。

ただし、海外医薬品を個別に輸入する場合は、処方箋は不要です。
それどころか、国内では免許不要の医薬品も購入できます。

これはどういう意味でしょうか?

処方箋は、医師が薬の使用に責任があると述べている文書です。
したがって、責任は医師にあると言えます。

ただし、個人輸入の場合は使用するのは個人の判断であり、医師の関与はありません。
この場合、個人は海外の販売店や小売店と取引をして直接購入するということです。

個人輸入代理サービスも利用できますが、この場合も個人向けの医薬品の販売は行っておらず、海外の業者との取引を代行しているだけです。
このようにして購入した製品は飼い主さん自身の責任で投与されるため、医師が薬の責任を負う必要はありません。

したがって、外国薬の個人輸入には処方箋は必要ありません。
自己の判断で必要な薬を購入することができるのが海外医薬品の個人輸入のメリットです。

日本で承認されていない医薬品も購入可能ですが、すべての医薬品が購入できるわけではなく、数量に限りがあります。
個人的な使用に関しては、医薬品医療機器法により輸入が許可されており、一度に大量に輸入することはできません。

また、海外通販サイトで買おうとすると、偽物だったことがよくあります。
低品質の偽造医薬品は効果がないだけでなく、深刻な健康問題を引き起こす可能性もあります。

安全な医薬品を購入するには、正規品のみを扱う信頼できる代理店を使用する必要があります。

上で説明したように、すべての自己責任医薬品の個人輸入には処方箋は必要ありません。
ただし、発生する可能性のあるメリットとデメリットを完全に理解することが重要です。

おすすめペット医薬品の個人輸入代行サービス

おすすめペット医薬品の個人輸入代行サービス

国内にはペット医薬品の個人輸入代行サービスを行っている業者がいくつか見られますが、
その中で当サイトが自信をもっておすすめするのがペットくすりです。

ペットくすりについて以下に紹介します。

ペットくすりのメリット・デメリット

ペットくすりを利用すると、次のようなメリットがあります。

・価格が非常に安い
・日本語でご注文・お問い合わせが出来る
・海外業者を探す必要がない

海外業者に注文すると、ペットくすりが代行してくれます。
また、長い歴史と信頼性を持っているため、安価に提供できることも大きなメリットです。
つまり、あたかも国内の通販サイトにいるかのように気軽にご注文いただけます。

一方、次のようなデメリットがあります。

・海外発送のため、到着まで7-10日程度かかります
・外装は海外配送のため、基本的に日本語表記はありません(一部商品は日本語表記あり)

これらのデメリットをご理解の上ご利用ください。
当店で販売している商品は海外向け(英語)のパッケージですが、中身(薬)自体は日本向けと全く同じです。
ペットくすりは個人輸入代行サービスを提供しますが、法律上不可能であるため、ペット医薬品の使用方法を説明することはできません。
自己責任でご使用ください。

ペットくすりと通販サイトとは何が違う?

共通点は、日本語のサイトがあるということです。
また、ご注文・お問い合わせは日本語で対応可能です。
注文は日本円で支払うことができ、発送通知は日本語で行われます。

一方、ペットくすりは販売事業ではなく仲介事業であるという違いがあります。
そのため、在庫を持たず、海外のサプライヤーから直接発送いたします。
その為、お届けまでに7〜10日程度お時間を頂きます。

ただし、在庫がないため、コストを最小限に抑え、安価な製品を提供できます。
ウェブサイトや商品を充実させ、サポートをスピードアップすることで、お客様の利便性とセキュリティを強化しています。

この点はお客様から高く評価されており、おかげさまで稼働実績は10年です。
海外ベンダーからの信頼も高く、安価で高品質な商品を提供し続けています。

ペット医薬品を個人輸入する場合の注意点

ペット用医薬品を個別に輸入することには3つのメリットがあります。

・病院の処方薬と同じペット用医薬品を入手できます
・病院の処方薬よりも安い
・病院に行く必要はありません

一方、個人輸入ならではの注意点があります。
「私はそんなの知らなかった。」
とならないためにも、留意すべき点を以下に示します。

・すべて自己責任である
・パッケージが英語表記である
・関税がかかることがある
・ごくまれに税関に止められることがある

ペットくすりが提供するサービスは

・安心・安全の正規品100%保証
・送料無料なので気軽に注文できる
・安心して利用できるサポート体制
・格安でペット用医薬品を提供
・決済方法はクレジットカード、銀行振込、LINE PAYを用意

ペットくすりを自信を持っておススメ出来る理由

ペットくすりは、お客様の個人輸入代行のサポートをして、10年の運用実績があります。

ペットくすりは、

・国内通販と同じ感覚で利用できる
・FDAの認可やWHO cGMPの品質基準をクリアした100%正規品
・ジェネリック医薬品なので格安で手に入る

これらの実績・信頼を認められ、会員数は25万人を突破。
リピーターは半数以上と、多くのお客様に支持いただいています。

個人輸入のルールを知ったうえで、安心・安全なペットくすりをぜひご利用ください。

コメント

  1. […] 関連記事→ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する前に必ずチェック […]

  2. […] 関連記事→ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する前に必ずチェック […]

  3. […] 関連記事→ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する前に必ずチェック […]

  4. […] 関連記事→ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する前に必ずチェック […]

  5. […] 関連記事→ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する前に必ずチェック […]

  6. […] 関連記事→ペット医薬品の個人輸入代行サービスを利用する前に必ずチェック […]

タイトルとURLをコピーしました